中古品で思わぬ事故 ガス器具の設置、専門業者に依頼を

知人からもらったり、リサイクル店で購入したりした中古品による製品事故が2017年度までの5年間に少なくとも182件起きていることが8月23日、NITE(製品評価技術基盤機構)の調べでわかった。誤った使用・設置方法による事故が多発。リコール製品と気づかずに使用する事例も確認された。

都市ガス用ガスコンロ

都市ガス用のガスコンロに誤ってLPガスを供給したため、異常燃焼で炎が大きく立ち上った(NITE再現実験より)

NITEによると、182件の事故のうち147件(約8割)で火災が発生。7人が死亡し、8人が重傷を負っていた。

製品別では、洗濯機や冷蔵庫などの「家庭用電気製品」が114件と全体の63%を占め、次いでガスこんろや石油ストーブなどの「ガス・石油機器」49件(27%)など。原因別では、不適切な設置や誤使用による事故が52件起きていたほか、リコール製品による事故が16件あった。

17年7月には、インターネット通販で購入した中古品のガスコンロのガス接続方法を誤り、ガス漏れが発生。グリル排気口付近から出火する事故が起きた。14年8月には譲り受けた折り畳み自転車の固定調整ボルトが緩んでいたため、転倒して負傷。取扱説明書がなかったため、使用者はボルト固定方法を十分に把握していなかった。

NITEは「中古品は不具合の有無が不明だったり、取扱説明書添付されていない場合が多く、リコール製品と気づかずに使用することもあり注意が必要」と指摘。ガス器具やエアコンなどは専門業者に設置を依頼するとともに手持ちの中古品がリコール製品かどうかを確認するよう呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    家電製品を購入する際、特定のメーカーにこだわる人は多いが、英国の消費者団体Which?は11月7日、...
  2. WII関連情報をを受け付ける適格消費者団体
    全国に16団体認定されている適格消費者団体が連携して本日(13日)から全国一斉にWILL(ウィル)関...
  3. はるまや紙製ショッピングバッグ
    スーツ大手のはるやま商事はプラスチックごみ問題への取り組みの一環として、12月中旬から順次、グループ...
  4. 形態安定加工ワイシャツのテスト
    北海道消費者協会はワイシャツの形態安定加工で使われるホルムアルデヒドに関する商品テストを実施した。ホ...
  5. 豪州消費者団体Choice
    食品の健康度合いを星を数で表す格付けマーク「ヘルススターレーティング」を巡り、豪州の消費者団体CHO...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る