若者向け注意喚起第一弾は美容医療 国セン、成年年齢引下げ対応

国民生活センターは来年4月から実施される成年年齢引下げへの対応強化から、若者向けの注意喚起情報をシリーズとして発信していく。5月13日、その第一弾として被害が深刻化している「美容医療サービストラブル例」を紹介し、注意を呼びかけた。これまで同センターが把握した事例を選定、学校の先生方にも生徒たちの被害防止に活用するよう呼びかけていく。

同センターが発信したのは「若者向け注意喚起シリーズ」第一弾。美容医療サービスのトラブル事例で、同様トラブルは10歳代から20歳代の若者を中心に増えているという。その典型として紹介したのが次のような深刻例。10万円の全身脱毛のつもりだったのに70万円の高額コースを契約させられた20歳代男性からの相談で、解約したいという内容だ。

「SNS広告で10万円の全身脱毛とあり無料カウンセリングを予約した。クリニックに行き、広告の金額で全身脱毛を希望していることを伝えたら、広告の施術は光脱毛なので効果が低い、レーザー脱毛の方がよい。本来70万円のところ、あなたには60万円にする、クレジットも組める、などと勧められ契約してしまった。高額契約で後悔し、クーリング・オフを申し出たがクリニックが認めない」

他にも「手術当日に化粧できるという二重まぶた形成術を受けたものの、術後1週間経っても腫れがひかず、仕事を休むことになった」という20歳代女性からの深刻例も紹介されている。

国民生活センターは「美容目的の施術は多くの場合緊急性がない」こと、「クリニックの広告には満足度○○%やビフォーアフター写真のみの掲載」など使ってはいけない表示があるこを知っておくこと、不安に思ったり、困った場合には消費者ホットライン「188」に電話すること、などをアドバイスしている。

同センターは今回の注意喚起に伴いトラブル防止啓発チラシを作成し、ホームページ上で紹介した。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 多摩消費生活センター
    東京都が運営する2カ所の消費生活センターのうち、多摩地域の拠点となる「多摩消費生活センター」が202c
  2. ビール
    米国の消費者3団体は11月21日、財務省アルコール・タバコ税貿易管理局(TTB)がアルコール含有量表c
  3. PETボトルリサイクル推進協議会
    PETボトルリサイクル推進協議会がまとめた2021年度ペットボトルリサイクル率は86.0%で、目標とc
  4. 電話相談
    適格消費者団体の消費者市民サポートちば(千葉市)は千葉県弁護士会と共催で、無料の電話相談「消費者なんc
  5. こたつの発火事故
    火を使わないため一見安全そうに見える電気暖房器具だが、発火事故が増加傾向にあり、死亡事故も毎年のようc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る