【米国】子ども死亡のルームランナー メーカーが一転リコールへ

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

フィットネスサービス大手ペロトン・インタラクティブのルームランナー(トレッドミル)で子どもの死亡事故が発生した問題で、同社が一転してリコールに応じることがわかった。当初、リコールに否定的な発言をしていたジョン・フォーリーCEOは「我々は初期対応を誤った」と謝罪する声明を出した。

同社製ルームランナーを巡っては、ベルトと床とのすき間への巻き込み事故が相次ぎ、子ども1人の死亡を含む70件以上の事故が発生していた。米消費者製品安全委員会(CPSC)が4月17日、同社製品の使用中止を呼びかける緊急警告を発したが、ペロトン社はその際、「CPSCの警告は一方的で誤解を招くものだ」と反発し、リコールを拒否する発言をしていた。

CPSCによると、「何週間もの激しい交渉」が繰り広げられた後、同社と消費者保護で合意。5月5日からリコールが開始された。対象は2018年9月~今年4月まで販売された最高級マシン「Peloton Tread+」と限定品「Tread treadmills」。

同社ジョン・フォーリーCEOは声明文の中で「最初からもっと生産的に対応すべきだった」と陳謝。「我々は家庭で行うフィットネスに将来性を感じており、CPSCと協力してルームランナーの新たな業界安全基準を策定したい」とコメントした。

使用中止が呼びかけられたPeloton Tread+

リコールが始まったペロトン社のルームランナー。ベルトと床とのすき間に巻き込まれる事故が発生している(CPSC発表資料より)

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. ノリ弁情報
    ◎「不開示理由」焦点に 「消費者の権利訴訟」と位置づけ 機能性表示食品の検証データ公開を求めて東京c
  2. 消費者庁
    ◎SNS関連のトラブル急増 センターへの相談率8%台 消費者庁は6月7日、閣議決定された「令和4年c
  3. 2022年1月1日号
    特集 令和4年版消費者白書 相談件数85万件、依然高水準 ~被害推計額は5.9兆円 Sc
  4. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県立消費生活総合センターがまとめた2021年度の県内消費生活相談状況によると、定期購入に関する苦c
  5. 消費者教育教材資料表彰2022
    消費者教育支援センターは6月27日、都内で「消費者教育教材資料表彰2022」の表彰式を開催し、最高賞c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る