若者に人気のパフバー電子タバコ、米当局が取り締まりへ

米食品医薬品局(FDA)は7月20日、10代の若者に人気がある「パフバー(Puff Bar)電子タバコ」が承認を得ずに販売されているとして、パフバー社を含む販売10社に市場からの回収を求める警告書を出した。15営業日以内に販売停止などの行動計画の提出を求め、対処が見られない場合は差し止めや差し押さえなどの措置も辞さない構えだ。

パフバーは5%ニコチン塩を含有し、フルーティー・フレーバーと使い捨てが特徴の電子タバコ製品。リキッドとして、マンゴーやピンクレモネード、ストロベリー、クールミントなど様々なフレーバーが食品パッケージを模して販売されるなどして、10代の若者の間で人気となっていた。

米国では2016年8月以降、新しいたばこ製品を販売するには連邦食品医薬品化粧品法(FD&C法)に基づき、FDAの承認を得る必要がある。FDAがパフバーのウェブサイトを調査したところ、未承認の電子タバコを製造して、消費者に販売・配布していることが確認されたという。

FDAは新型コロナウイルスの影響で小売店への検査などを一時中止していたが、「継続的なインターネット監視により、電子タバコ製品の取り締まりは続けている」と強調。「今回の取り締まりが示す通り、我々が注意深く監視していることをすべてのたばこメーカーと販売店は肝に銘じるべきだ」と警告している。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 消費者庁
    AI(人工知能、Artificial Intelligence)による社会のデジタル化が進行する中、...
  2. コンシューマーリポート
    「99.99%除菌」「細菌やバクテリアを99.99%除去」などとうたって販売されているスチームモップ...
  3. 国民生活センター福原奈央さん
    国民生活センター教育研修部上席調査研究員付主査・福原奈央さん ◎地方消費者行政支援 「見守り活動...
  4. 味の素は7月7日、今年発売50周年を迎える「ほんだし」をリニューアルすると発表した。具だくさんみそ汁...
  5. 今後5年間の消費者政策の重要施策がまとまった。153施策が提示され、それぞれ取組予定と重要業績評価指...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る