【米国】郵政公社に資金援助を 新型コロナで壊滅的打撃

新型コロナウイルスの蔓延により郵便物の取扱量が激減し、米国郵政公社(USPS)が壊滅的な打撃を受けているとして、米国の非営利団体U.S.PIRGは4月16日、連邦議会に対し資金援助による救済を求めた。「パンデミック禍での郵便サービス網は処方薬や食料品を受け取る重要なインフラであり、国民にとってライフラインだ」と訴えている。

慢性的な赤字に苦しんできた郵政公社だが、U.S.PIRGは「新型コロナにより更なる財政難に陥っており、地域の郵便局が消滅する危機に瀕している」と警告。航空会社やホテル、レストランなどと同様に政府による救済パッケージの対象とするよう求めた。

同団体のジョー・レディ氏は「USPSは建国以来、重要なインフラとしての役割を果たしており、政府の支援を受けるのは当然だ」と強調。新型コロナ対策として社会的距離政策が行われる中、「選挙の投票通知や給付金、処方薬、食料品などを受け取るため、遠隔地の住民や外出が難しい高齢者の多くが郵便サービス網に頼っている」と指摘し、早急に財政支援を行うよう求めた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 公益科学センター
    スーパーでのレジ待ちの際、誘惑に負けて、近くの陳列棚に並ぶ甘いスナックや飲料を追加購入してしまう人も...
  2. イベント
    企業の消費者関連部門でつくる消費者関連専門家会議(ACAP)は10月28日、創立40周年記念シンポジ...
  3. 食品安全委員会リスコミ官秋元京子さん講演
    インターネット上に健康をアピールする食品があふれる中、全国消費者団体連絡会は9月25日、健康食品との...
  4. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は9月8日から10月2日まで、アプリストアに関する消費者...
  5. 消費者庁事業者名公表
    マンションの管理会社の関係者を装ってインターネット接続サービスが切り替わるとウソを告げて、接続サービ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る