家電リサイクル4品目の引取台数最多に 地デジ移行期除き

経済産業省と環境省は4月16日、家電リサイクル法の対象となっている家電4品目の2018年度引き取り台数が前年度比14.1%増の約1356万台だったと発表した。地上デジタル放送の移行によりブラウン管テレビの処分が急増した時期(09~11年度)を除くと、01年4月の同法施行以来で最多。取り引き台数の増加は4年連続となった。

また、出荷台数から算出した回収率は前年度比6.3ポイント増の59.7%となり、目標(56%)を達成。一方、約5万4200台が不法投棄され、前年度比で横ばいだった。不法投棄の4割がブラウン管テレビだった。

メーカーが引き取った1356万台の内訳は「洗濯機・衣類乾燥機」が前年度比9.7%増の約388万台、「エアコン」が前年度比20%増の約339万台、「冷蔵庫・冷凍庫」が12.5%増の約335万台、「テレビ」(ブラウン管・液晶・プラズマ)が15.7%増の約292万台となった。

一方、推計5万2400台が不法投棄されたが、前年度と同数となり、過去最低水準だった。不法投棄が最も多かったのはブラウン管テレビで2万1719台、以下、冷蔵庫・冷凍庫1万2645台、液晶・プラズマテレビ1万344台など。発生場所はごみステーションや道路などが目立ち、9割以上の各地区町村が巡回やポスター掲示などを通じて不法投棄防止を呼びかけていた。

家電リサイクル法では、消費者に4品目をなるべく長期間使い、無駄な排出を控えるよう要求。処分する際はリサイクル料金と収集運搬料金を支払い、家電量販店など小売業者に適正に引き渡すよう求めている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 消費者庁
    AI(人工知能、Artificial Intelligence)による社会のデジタル化が進行する中、...
  2. コンシューマーリポート
    「99.99%除菌」「細菌やバクテリアを99.99%除去」などとうたって販売されているスチームモップ...
  3. 国民生活センター福原奈央さん
    国民生活センター教育研修部上席調査研究員付主査・福原奈央さん ◎地方消費者行政支援 「見守り活動...
  4. 味の素は7月7日、今年発売50周年を迎える「ほんだし」をリニューアルすると発表した。具だくさんみそ汁...
  5. 今後5年間の消費者政策の重要施策がまとまった。153施策が提示され、それぞれ取組予定と重要業績評価指...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る