消費者教育教材「社会への扉」 使用自治体拡大へ

徳島県を実証フィールドに消費者教育教材「社会への扉」を活用した授業に関するアンケート調査結果が「消費者行政新未来創造オフィス」から発表された。授業後には、消費生活についての生徒の知識や消費者問題への意識などが向上していることが示された。「社会への扉」を今年度に授業に活用することを表明している自治体はすでに6県。消費者庁は、2020年度までにすべての高校での活用を目指す。

徳島県庁に設置された消費者庁「未来創造オフィス」によると、消費者教育教材「社会への扉」の教育効果は大きいとする。「12のクイズ形式」で消費生活・消費者問題を学ぶもので、「消費生活に関する知識」と「自立した消費者としての意識」を考える内容となっている。実証フィールドの場となった徳島県ではすべの高校で学習教材として活用されてきた。

アンケート調査結果によると、いずれのクイズの正解率も授業後には大幅に向上した。未来創造オフィスでは、このような検証作業を来年度も取り組む予定。

消費者庁では、「社会への扉」の消費者教育授業活用を2020年度までにすべての都道府県で実施する予定を立てている。現在、すでに6県が活用を表明しており、今後、その数が拡大していくことが期待される。

関連記事

新着記事

  1. 生活クラブ生協の創立50周年記念フェスタが5月25日、東京都内で開催され、約4千人の来場者が生産者と...
  2. コンシューマーリポート
    蚊やダニが媒介する感染症の防止に欠かせない虫除け剤--。子どもを守るために必要だとわかっているものの...
  3. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  4. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  5. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る