アマゾン装う架空請求、今年も猛威 300万円の被害も

2017年度に急増したアマゾンをかたるSMSによる架空請求の相談が、直近1年間においても高止まりの状況にあることが愛知県の調べでわかった。300万円を支払ってしまったケースも報告されており、県は「実在するアマゾンジャパンは、SMSで未納料金を請求することはなく、不特定多数に送付された架空請求。一切無視を」と呼びかけている。

県によると、アマゾンをかたるSMSによる架空請求の相談は今年7月までの直近1年間に1081件あり、前年同期の1015件をさらに上回り、高止まりの状況となっていた。

相談者の年齢は30~70歳代まで幅広く、全体の4%にあたる43件が金銭被害に遭った事例。平均支払い額は4万4千円で、50万円以上を支払ってしまったケースが9件あり、最高額は300万円だった。

40歳代男性のケースでは、アマゾンの名前で「有料コンテンツの未納料金がある」とのSMSが届き、電話で確認したところ「いったん19万円を支払えばあとで協会から返金される」との説明を受けた。男性は指示通りコンビニで電子ギフト券を購入し、ギフト券番号を伝えて支払い手続きを行った。その後、ネットで見ると架空請求との書き込みがあり、だまされたことに気づいたという。

県は「ギフト券の番号を相手に伝えると事業者はすぐにギフト券を使用してしまうので、お金を取り戻すのは非常に困難だ」として、架空請求は一切無視し、ギフト券の購入には応じないよう呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 震災関連
    消費者庁・伊藤明子長官は11月13日定例記者会見で、台風15号や19号などの災害発生後の生活再建期に...
  2. 除雪機注意喚起
    消費者庁は11月15日、死亡事故などの重大事故が毎年発生している「歩行型ロータリ除雪機」について、デ...
  3. アメリカ消費者連合
    消費者ローンの上限金利を36%に制限する「退役軍人及び消費者公正信用法」(the Veterans ...
  4. 栄養成分表示
    2015年4月に包装した加工食品への表示が原則義務付けられた「栄養成分表示」について、4割近くの人が...
  5. コイン
    特定適格消費者団体の消費者支援機構関西(大阪市中央区、藤井克裕理事長)は11月6日、外国株式の国内店...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る