中高年に多い「自動運転」への不安 第一生命経済研が調査

60代は50代以上に自動運転での事故発生時の責任問題や保障問題に不安を持っている、こんな調査結果が第一生命経済研究所の調べでわかった。自動運転が社会的に受け入れられる制度的整備の重要性が改めて浮上した。また、同研究所は「子どもがいる女性の健康意識調査」も実施し、就学前の末の子どもを抱える無職女性は、仕事を持つ女性に比べ健康づくりへの準備をしていない割合が高く、有職女性は体力増進や健康維持よりも、民間への医療保険加入を将来への備えにしていることが示された。

自動運転調査

第一生命経済研究所が開いた記者懇談会。自動運転に関する意識調査の結果などが報告された(4日、千代田区内にて)

これら調査結果は同研究所が発行した「ライフデザインレポート」(2018・10月号)に掲載された。発行にあたって同研究所ライフデザイン研究部は10月4日、記者懇談会を開き、概要を説明した。

調査結果は2つ。50代・60代の「自動運転に関する意識調査」と就学前の末子のいる女性に関する「健康意識」の調査結果。

自動運転に関する意識調査では、事故が発生した際の責任問題やトラブル対処・保障(法律・ルール・保険)について「不安」を持つ人は、複数回答で、50代が47.9%。60代が54.5%。自動運転に必要な道路や交通システムへの整備対応(周辺環境)への「不安」は50代27.5%、60代が33.8%、さらに自分が自動運転車を使いこなせるか不安を持つ人は50代が20.3%、60代は27.6%だった。60代の方が50代に比べ、基本的な自動運転への社会的制度整備に不安を持っていることがわかった。

もう1つの調査結果「子どもがいる女性の健康意識」では、園児までの末子を抱える有職女性では、6割前後がゆとりがないと回答。一方、末子が就学前の時期の無職女性は有職女性よりも健康づくりについて「特に準備していない」と回答した割合が高く、有職女性では、体力増進・健康維持への対応よりも民間医療保険への加入を将来の備えにすると回答した割合が高かった。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 人や社会、環境に配慮した商品を積極的に購入する「エシカル消費」を学んでもらおうと、静岡県は「めざせ!...
  2. 高カカオチョコレート
    ポリフェノールを多く含むとうたう高カカオチョコレートについて、北海道消費者協会が含有量テストを実施し...
  3. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は8月16日、ボタン電池の事故防止策を検討する「ボタン電...
  4. くらしフェスタ東京
    東京都と消費者団体の協働事業「東京都消費者月間」(愛称・くらしフェスタ東京、主催・東京都消費者月間実...
  5. シナモンロールパンケーキ
    米国の非営利団体「公益科学センター」(CSPI)はこのほど、最も不健康な外食メニューに贈る「エクスト...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る