【米国】風邪予防に手洗い有効、石鹸で適切に 抗菌石鹸は不要

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

米消費者情報誌コンシューマー・リポートは12月2日、風邪やインフルエンザ、その他の感染症の予防に有効なのは定期的な手洗いだとして、そのテクニックを紹介した。8日まで実施される「全国手洗い啓発週間」に合わせて消費者に呼びかけたもの。適切な方法で、そして適切なタイミングで洗うことが重要だとしている。

同誌は「風邪やインフルエンザの感染拡大防止や感染予防の最も重要で、最も簡単は方法は定期的な手洗いだ」と強調し、専門家のアドバイスを紹介した。

テネシー州のヴァンダービルト大学メディカルセンターのトム・タルボット博士は「汚れた手で口や鼻、目に触れると、微生物が体内に侵入して感染することになる」と指摘。手を適切な方法、適切なタイミングで洗うことにより病原菌を排除できると述べた。

レノックスヒル病院疫学局長のジャネット・ハート博士は、トイレの後、食事の前、手が汚れた時の三つが手を洗う基本的なタイミングだと強調。さらに、公共交通機関を利用した後、生の肉を扱った後、外で遊んでいた子どもが家に入る時、動物に触れた後の手洗いも推奨した。また、風邪をひいた人は感染拡大を防ぐため、くしゃみや咳の後は手を清潔にしたほうがいいと呼びかけた。

病院を訪れたときは要注意。医療従事者も十分に手洗いをしていないことがCDC(米疾病対策予防センター)の調査で分かり、最悪の場合、医師や看護師を通じて耐性菌に汚染する可能性がある。病人を介助するときは、手指をアルコール消毒するなどの気配りが必要だと指摘した。

洗い方は普通の石鹸と水で十分だといい、抗菌石鹸は避けるよう呼びかけた。抗菌石鹸が通常の石鹸よりも優れているという科学的データがない上、耐性菌の発生を促す危険性があるためだ。手洗いができない場合は、少なくともアルコール分が60%以上ある消毒剤を使用するとよいとした。ただし、すべての病原菌を排除できず(例えば抗菌薬関連下痢症のクロストリジウム・ディフィシル)、この感染症を患っている場合は、周囲の人も含めて石鹸で手洗いしてほしいと呼びかけた。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 国民生活センター
    国民生活センターは7月21日、「男性も増加!脱毛エステのトラブル」と題した消費者への注意喚起情報を発c
  2. ミツカン「味ぽん うまピリ」
    Mizkan(ミツカン)は8月4日、「味ぽん うまピリ」を新発売する。ロングセラーの「味ぽん」シリーc
  3. 英国の消費者団体Which?
    英国のおよそ570万世帯が電気通信サービス料金の支払いに苦慮しているとして、消費者団体のWhich?c
  4. 日本ヒーブ協議会公開講演会
    ◎「上司の顔色を優先」「場に合わないからと発言避ける」……、改善へのヒントも提示 働く女性の横断的c
  5. コーヒー
    UCCグループのユーシーシーフードサービスシステムズは7月1日からフードロス削減プロジェクト「フードc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る