【米国】風邪予防に手洗い有効、石鹸で適切に 抗菌石鹸は不要

米消費者情報誌コンシューマー・リポートは12月2日、風邪やインフルエンザ、その他の感染症の予防に有効なのは定期的な手洗いだとして、そのテクニックを紹介した。8日まで実施される「全国手洗い啓発週間」に合わせて消費者に呼びかけたもの。適切な方法で、そして適切なタイミングで洗うことが重要だとしている。

同誌は「風邪やインフルエンザの感染拡大防止や感染予防の最も重要で、最も簡単は方法は定期的な手洗いだ」と強調し、専門家のアドバイスを紹介した。

テネシー州のヴァンダービルト大学メディカルセンターのトム・タルボット博士は「汚れた手で口や鼻、目に触れると、微生物が体内に侵入して感染することになる」と指摘。手を適切な方法、適切なタイミングで洗うことにより病原菌を排除できると述べた。

レノックスヒル病院疫学局長のジャネット・ハート博士は、トイレの後、食事の前、手が汚れた時の三つが手を洗う基本的なタイミングだと強調。さらに、公共交通機関を利用した後、生の肉を扱った後、外で遊んでいた子どもが家に入る時、動物に触れた後の手洗いも推奨した。また、風邪をひいた人は感染拡大を防ぐため、くしゃみや咳の後は手を清潔にしたほうがいいと呼びかけた。

病院を訪れたときは要注意。医療従事者も十分に手洗いをしていないことがCDC(米疾病対策予防センター)の調査で分かり、最悪の場合、医師や看護師を通じて耐性菌に汚染する可能性がある。病人を介助するときは、手指をアルコール消毒するなどの気配りが必要だと指摘した。

洗い方は普通の石鹸と水で十分だといい、抗菌石鹸は避けるよう呼びかけた。抗菌石鹸が通常の石鹸よりも優れているという科学的データがない上、耐性菌の発生を促す危険性があるためだ。手洗いができない場合は、少なくともアルコール分が60%以上ある消毒剤を使用するとよいとした。ただし、すべての病原菌を排除できず(例えば抗菌薬関連下痢症のクロストリジウム・ディフィシル)、この感染症を患っている場合は、周囲の人も含めて石鹸で手洗いしてほしいと呼びかけた。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る