訪日観光客ホットライン稼働 誠意ある対応使命に 林大介さん🔓

国民生活センター相談情報部第三課長 林大介さん

「訪日観光客に日本でのいやな思い出を残さない、そのためにトラブルを抱えた観光客には誠意をもって対応する、これを重大使命と認識しています」

国民生活センターは12月3日から「訪日観光客消費者ホットライン」を開設する。観光客急増に備えた国際的対応だ。その担当責任者が林大介さん。

国民生活センター林大介課長「今年の訪日観光客は年間3千万人にも達すると予測されます。日本で様々な、お国柄も反映した消費活動が行われ、当然、トラブルも発生する。これまで訪日観光客の相談窓口は大使館や観光案内所などが主でしたが、そこでの対応には限界もあります。当センターが設置したホットラインを活用していただき、滞在中の観光客の方々が安全・安心な消費生活を確保できるよう、少しでも消費者トラブルの防止と解決に寄与できればと思います」

林さんは、国民生活センター相談情報部第三課の課長として、CCJ(越境消費者センター)の担当責任者も兼務する。メールで相談を受け付けるCCJに対し、訪日観光客消費者ホットラインは電話相談システムだ。より迅速性が求められ、短期間の集中的対応力も期待される。ただ、直接電話相談だけに“言葉の壁”をどうクリアーするか、という難題がある。

「各地の消費生活センターの中には外国人からの相談受付業務を実施しているセンターもあります。それらセンターは…(以下続く)

(本紙12月1日号「消費者問題はいま―提言2018」より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 加熱式たばこ警告表示
    JTは12月5日、加熱式たばこ「プルーム」ブランドの16銘柄について、パッケージデザインをリニューア...
  2. 日本消費者連盟
    日本有機農業研究会や日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンなど消費者・農民団体は「...
  3. 成年年齢引下げを考えるIN KYOTO
    京都の大学生が企画運営した公開ラジオ放送のトークイベント「成年年齢引下げを考える in KYOTO~...
  4. 自動車
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は12月3日、タカタ製エアバッグのリコール率が85%に達...
  5. ダイドー紙おむつ自動販売機
    ダイドードリンコや大王製紙など3社はこのほど、茨城県潮来市の道の駅「いたこ」に飲料とコラボしたベビー...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る