在宅ワーク装うコンサル業者 東京都が業務停止命令

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

データ入力などの在宅ワークの募集を装ってアフィリエイトのコンサルティング契約を勧誘していた事業者に対し9月13日、東京都は特定商取引法に基づき6カ月間の業務一部停止命令を下すとともに、違反行為是正を指示した。

この事業者は「株式会社ルーチェ」(東京都新宿区)。アフェリエイトのコンサルティング業務を展開している。東京都消費生活部取引指導課によると、同社に関する都内での相談件数は今年8月末までの約3年半で31件。相談者の平均年齢は約37.7歳で平均契約金額は約47万円だった。都によると問題となった同社の勧誘行為は次のような特徴を持っていた。

まず求人広告サイトに同社と異なる「一般社団法人△△」などの名称で、「データ入力の在宅ワーク」という求人募集をかける。応募した消費者に電話をかけて面接の日時や場所を伝える。

事務所を訪れた消費者に突然「アフィリエイトなら月に最低5万円稼げる」などと説明。アフィリエイトをするために「月1万円のコンサルティングが必要」と勧誘する。

次いで、消費者を契約のために改めて事務所に呼び出し、高額な契約を結ぶ。その際、クレジットの申込書に年収を偽るなどウソの情報を記載するよう勧めることがある。

実際のコンサルティングでは、同社の設定した課題を達成しないとアフィリエイトを始められず、契約の多くは5万円以上稼いでいなかった。

東京都は、これらの行為は特定商取引法の「氏名等不明示」「不実告知」「広告表示義務違反」「概要書面不交付」「契約書面不備」「契約書面虚偽記載教唆」などの違反行為に該当すると判断。同社に6カ月の一部業務停止を命じ、業務改善を指示した。

都・取引指導課は、「ネットビジネスなど専門的知識がないものについて契約する際は、事業者の説明をうのみにせず、慎重に検討を」などと消費者に注意を喚起している。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 消費者庁
    消費者庁は10月20日、22団体目となる適格消費者団体と、4団体目にあたる特定適格消費者団体を認定しc
  2. 豪州消費者団体Choice
    オーストラリアで植物由来の代替食品が台頭している。代替肉にとどまらず、ラザニア、ヨーグルト、コンデンc
  3. 自動車用タイヤの空気圧を監視する「TPMS」(タイヤ空気圧監視システム)。米国では2009年9月からc
  4. 国民生活センター
    国民生活センターは10月19日、カットパンを食べた1歳未満の乳児が死亡するなどの重大事故が起きたことc
  5. 冷凍食品の日
    日本冷凍食品協会は10月18日、東京都内で「10月18日は『冷凍食品の日』~べんりとおいしいのその先c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る