スマホトラブル、高齢者で深刻化 国セン事例公表

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

「スマホの契約で不要なタブレットも契約させられた」「違約金がかからない月に解約したら料金が日割りにならなかった」「スマホは使いこなせない」――。スマートフォンをめぐるトラブルが増加し、中でも契約当事者が60歳以上の例が増加している。

国民生活センタースマホトラブル注意喚起

高齢者のスマホトラブルに注意を呼びかける国民生活センター(13日)

国民生活センターよると、「ガラケー」「スマホ」など携帯電話に関する相談件数は昨年度は約2万3400件。スマホ関連が約1万5000件と全体の64%を占めた。契約当事者が60歳以上は約7400件で約32%、その割合は年々増加傾向にあるという。契約・解約相談は年代を問わず発生しているが、端末の使い方など利用時のトラブルは高齢者を中心に発生しているという。

今年6月に相談を寄せた70歳代男性は、「必要ないと断ったのにスマートフォンを契約させられた」としてスマホ契約を解約して元の”ガラケー”の契約に戻して欲しいと訴えていた。また、60歳代女性は「スマートフォンを契約したら不要なタブレット端末や付属品とのセット契約だった」とし、説明のないままの強引な契約勧誘だったことを訴え出た。

さらに、別の70歳代男性は、タブレット端末、光回線なども契約したが、結局「スマートフォンが使えない」「契約2日後に使い方を教えて欲しいと店舗に電話をしたら担当者が店にいないと教えられない、他店や他の人では教えられないと言われた」「このままでは使いこなせない」と苦情を申し立ててきた。

国民生活センターは、消費者の希望とは異なる契約となっている、支払う料金を消費者が正しく認識できていない、解約時に発生する料金を消費者が認識できていない、料金プランの内容が正しく消費者に理解されていない、などの問題点を指摘。総務省に対し、消費者に契約内容の説明などが徹底されるように事業者を指導することなど要請した。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 消費者庁
    消費者庁は10月20日、22団体目となる適格消費者団体と、4団体目にあたる特定適格消費者団体を認定しc
  2. 豪州消費者団体Choice
    オーストラリアで植物由来の代替食品が台頭している。代替肉にとどまらず、ラザニア、ヨーグルト、コンデンc
  3. 自動車用タイヤの空気圧を監視する「TPMS」(タイヤ空気圧監視システム)。米国では2009年9月からc
  4. 国民生活センター
    国民生活センターは10月19日、カットパンを食べた1歳未満の乳児が死亡するなどの重大事故が起きたことc
  5. 冷凍食品の日
    日本冷凍食品協会は10月18日、東京都内で「10月18日は『冷凍食品の日』~べんりとおいしいのその先c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る