WILL関連情報を受付、適格消費者団体連携 早期解約促す🔓

全国に16団体認定されている適格消費者団体が連携して本日(13日)から全国一斉にWILL(ウィル)関連情報の提供受付を開始した。ウィルは販売預託商法を展開し、連鎖販売取引や訪問販売の違反行為で特定商取引法による業務停止命令を受けている。11月8日までに関連9法人についてもそれぞれ業務停止や注意喚起、さらに責任者への業務禁止命令処分が相次いで発動されており、事業破綻による大規模消費者被害の発生へとつながる可能性も指摘されている。

WILL関連情報を受け付ける適格消費者団体

WILL関連情報の提供を呼びかける適格消費者団体(12日、消費者庁にて)

被害防止と救済措置の体制整備へ向け、11月12日に記者会見した適格消費者団体は「情報受付によって契約している消費者の不安に応えるとともに、早期の解約をすすめたい」としている。

ウィルは消費者庁から業務停止処分を受けても、同種・同様の勧誘・契約を実施してきたとして、関連法人が相次いで処分の対象になっている。11月8日にはVISION(ビジョン)の名義で依然違反行為を継続しているとして、同庁が同社に関する注意喚起情報を発信した。

今回記者会見したのは特定適格消費者団体を含む4団体の適格消費者団体。ウィル関連情報の提供受付を本日(13日)から全国の適格消費者団体で開始することを明らかにした。日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)も、土日に開催する「ウィークエンド・テレホン」で受け付ける。

ウィルは、IP電話機能やカラオケ、ゲームなどの複数種類のアプリケーションが読み込まれた「willfonライセンスパック」と称するカード型USBメモリを…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 特定商取引法及び預託法の制度の在り方に関する検討委員会
    消費者庁の「特定商取引法及び預託法の制度の在り方に関する検討委員会」が2月18日、第1回会合を持ち、...
  2. 赤信号
    旅館のウェブサイト上で、水道水を使った露天風呂を温泉として紹介していたとして、埼玉県は2月17日、旅...
  3. 及川昭伍さん
    消費者行政の最前線で40年以上にわたり陣頭指揮をとってきた及川昭伍さんが2月14日、静かに目を閉じた...
  4. ダイドー紙おむつ自動販売機
    飲料大手のダイドードリンコは2月18日、徳島県美馬市の道の駅「みまの里」にベビー用紙おむつ自動販売機...
  5. 栄養スコア
    英国の信号方式表示を参考に、フランスが開発した栄養評価ラベル「栄養スコア(Nutri-Score)」...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る