子どもの事故防止週間 5月27日まで

消費者月間関連イベントが各地で開催されている中、消費者庁は5月21日から27日までを「子どもの事故防止週間」と位置付け、事故防止への注意を呼びかけている。今年は子どもの外出機会が増える夏季を前に、「水の事故防止」「幼児用座席付自転車の事故防止」を集中的に訴えていく。

「子どもの事故防止週間」ポスター

「子どもの事故防止週間」ポスター

消費者庁の「子どもの事故防止週間」は、5月の「消費者月間」の期間中に設置されるもので、今年で2回目となる。「子供の事故防止に関する関係府省庁連絡会議」の取組の一環として各府省庁が共通テーマを設定、保護者や教育関係者、子ども自身の事故防止への注意を喚起することを目的として周知・啓発を連携して実施する。

14歳以下の子どもが毎年300人ほど窒息・溺水・転落をはじめとした事故で亡くなっていることを重視し、社会全体で事故防止意識を高めることをめざす。死亡例の中には、事故情報の共有化を図り、子どもの安全に配慮された製品普及によって防止できた事故例もあることから、保護者や教育関係者だけではなく事業者・事業者団体にも「事故防止週間」の重要性をアピールしていく。

今年のテーマは、「水の事故防止」と「幼児用座席付自転車の事故防止」。外出する機会が増える夏季を迎える中で、外出時のこどもの事故防止を呼びかける。水の事故防止では、海、川、湖沼池、プールなどでの溺水防止が中心。幼児用座席付自転車の事故防止では、転倒注意などを呼びかける。

連携するのは、消費者庁を中心に、内閣府、警察庁、総務省消防庁、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、海上保安庁の10省庁。消費者庁は「子どもの事故防止週間」ポスターを地方公共団体にも配布し、全国の公共機関での掲示も要請している。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 震災関連
    消費者庁・伊藤明子長官は11月13日定例記者会見で、台風15号や19号などの災害発生後の生活再建期に...
  2. 除雪機注意喚起
    消費者庁は11月15日、死亡事故などの重大事故が毎年発生している「歩行型ロータリ除雪機」について、デ...
  3. アメリカ消費者連合
    消費者ローンの上限金利を36%に制限する「退役軍人及び消費者公正信用法」(the Veterans ...
  4. 栄養成分表示
    2015年4月に包装した加工食品への表示が原則義務付けられた「栄養成分表示」について、4割近くの人が...
  5. コイン
    特定適格消費者団体の消費者支援機構関西(大阪市中央区、藤井克裕理事長)は11月6日、外国株式の国内店...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る