生協宅配の配達ルート、AI活用し最適化 実証実験で成果

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

AIを活用して全国生協宅配の配達コースの最適化をはかる実証実験の進捗状況が、日本生活協同組合連合会の記者会見で発表された。従来の手作業や既存ソフトでのコース設計と比べて、時間にして15%、距離にして9.7%の削減効果が確認され、日本生協連の藤井喜継専務は「著しい効果があるとの印象。現在、実走テストに取り組んでいて、効果が確認できれば、早急に全国の生協に紹介して広げていきたい」と報告した。

日本生協連記者会見

DXの取り組みやプラスチック削減などの進捗状況が報告された日本生協連記者会見。中央が土屋敏夫会長、左が藤井喜継専務、右が嶋田裕之専務(7月15日、東京ミッドタウンタワーにて)

AIによる配達ルート最適化は、生協が取り組むDX(デジタルトランスフォーメーション)戦略の一環。配送時間や走行距離を短縮して、職員の負担軽減と組合員へのサービス品質向上につなげる狙いだ。

今年5月から始めた実証実験では、スタートアップ企業が手がけるAIソリューション「Loogia」を使い、コープあいち三好センターにおける配達コース(配達先908カ所、22コース)の最適化をシミュレーションした。3回ほど解析した結果、配達コース数で3コース(13.6%)削減、総配達時間で22時間34分(15.0%)削減、総走行距離で54キロメートル(9.7%)削減を実証した。

藤井専務は「従来のソフトだと配達先の集中エリアにまとまって配達するようなコース取りをするが、AIは円を描くように無駄なく配達コースを組む傾向があった」と説明。その結果、AIの配送計画は移動距離に対する配送処理件数が多くなると報告した。現在、実走による実験に取り組み、効果や課題を精査中。成果が確認でき次第、順次導入を進めていく考えだ。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. テレビ
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは9月21日、薄型テレビの掃除の仕方を紹介した。デリケートなc
  2. U.S. PIRG
    環境保護や公衆衛生に取り組む非営利団体のみで設立した米国で唯一の投資信託会社グリーンセンチュリー・キc
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会が実施した2020年度「家計・くらしの調査」によると、昨年(1-12月)の消費c
  4. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEは9月16日、ペットフード安全法を求める署名運動に開始1カ月足らずで2万c
  5. DECO過剰包装削減キャンペーン
    ポルトガル最大の消費者団体DECO PROTESTEは9月14日、過剰包装削減キャンペーンを開始したc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る