電動アシスト自転車、正しい保管と点検で安全に 多摩で講座

電動アシスト自転車の安全な使い方を解説する実習講座が6月13日、東京都多摩消費生活センター(立川市)で開かれた。定員となる16人が参加し、上手な選び方や点検方法などを学んだ。講師のパナソニックサイクルテックお客様相談センター長の河島伸夫さんは「バッテリーは消耗品で、寿命の目安は約2年。使い方により大きな差が出るため、高温になる場所には保管せずに長持ちさせてほしい」と呼びかけた。

電動アシスト自転車実験実習講座

実習で使われた電動アシスト自転車(左)と電動アシスト三輪自転車(13日、多摩消費生活センターにて)

都が主催した実験実習講座には、自動車運転免許証の返納と電動アシスト自転車の購入を検討している男性や日常生活の足として使用している女性など16人が参加。仕組みや使い方などについて活発な質問が飛び交った。

河島さんは電動アシスト自転車を巡る高齢者事故を紹介した上で、安全を最優先して自転車選びをするよう強調。「個人個人で体力や能力が異なる。軽くて扱いやすいもの、乗り降りしやすい形状のもの、サドルにまたがって両足が地面につくものを選んでほしい」と呼びかけた。

電動アシスト自転車はバッテリーが高額(3万~4万円程度)で、消費者の負担感も強い。バッテリーの劣化には充放電回数と使用期間の二つの要因があるといい、河島さんは「50%しか電力をためられなくなる目安は充放電で700~900回、期間は約2年。こういう状態になると使い方によってはバッテリーの交換が必要になる」と説明。バッテリーを長持ちさせるポイントとして▽高温にならない場所で充電・保管する▽坂道ではギアを一段下げるなどして負荷を和らげる▽長期間使用しない場合、残量が空っぽの状態で放置せず、ある程度残った状態で保管する――ことをあげた。

また、自転車を横倒しにして保管しないよう注意を呼びかけた。河島さんは「モーターやバッテリーは立っている状態では雨水が下に抜ける構造になっているが、台風などで倒れた状態で放置すると内部に水が侵入し、異動動作につながる恐れがある」と指摘。昨年は台風による塩害の被害(サビの発生など)も多く寄せられたとして、台風通過後は真水で洗い流すよう呼びかけた。

河島さんは転倒事故が報告されている電動アシスト三輪自転車についても触れ、「三つの車輪で支えるため安全な乗り物だという印象があるが、通常の自転車とは構造や機能が異なっている上、操作性が悪く、傾いた道路や段差でハンドルをとられる恐れがある」と指摘。「歩行がおぼつかない方で、自転車に乗れない方にとっては欠かせない乗り物。自転車に乗れる場合は通常の電動アシスト自転車を選んでほしい」と呼びかけた。

近年は自転車による歩行者への接触事故も問題視されている。道路交通法では車両として扱われるため、運転者は重い責任を負う。自転車選びに始まり、保管方法、使い方、使用前の自主点検、専門店による定期メンテナンス、保険の加入など安全を最優先した行動が求められているという。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 主婦連合会
    公益通報者保護法が2006年4月の施行以降、いまだに法改正が行われていないとして、全国消費者団体連絡...
  2. 森永おっとっと
    森永製菓は12月10日、「おっとっと」や「エンゼルパイ」など13商品の賞味期限を年月日表示から年月表...
  3. 偽造医薬品啓発サイト
    1899年設立の全米消費者連盟(National Consumers League、NCL)は12月...
  4. 多重債務問題懇談会
    2006年12月の改正貸金業法の成立以降、減少してきた多重債務者数の横ばい傾向が鮮明になった。金融庁...
  5. 誇大広告により販売されていたSynovia
    米連邦取引委員会(FTC)は12月5日、健康食品製造販売業者AS Research、LLC(ASR、...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る