【米国】化粧品の子ども事故、2時間毎に救急搬送 誤飲が最多

米消費者情報誌コンシューマー・リポートは6月17日、化粧品や美容ケア製品による子どもの事故が相次いでいるとして注意を呼びかけた。

Clinical誌に発表された最新研究によると、2002年~16年までの15年間に5歳未満の子ども6万4686人が化粧品関連の事故で救急搬送された。2時間ごとに1人が集中治療室に運ばれたことになる。全体の6割が2歳未満で、4人中3人が誤飲事故だった。

研究者によると事故が多かった製品はネイルケア製品、ヘアケア製品、スキンケア製品の順。特にネイルポリッシュリムーバー(マニキュアを落とす除光液)は全体の17%と目立った。また、入院が必要な事故事例の半分以上がヘアリラクサー(ストレートパーマ液)などのヘアケア製品によるものだった。

同研究に携わったレベッカ・マカダムス医師は「これらの製品は良い香りがして色も美しく、幼い子どもにとっては魅力的。刺激的で光沢のある容器も子どもの目を引きつける」と指摘。

コンシューマー・リポートは「驚異的な事故件数が明らかにされた。保護者は洗剤や洗濯ポッド、電池などの毒物には注意を払うが、化粧品や美容ケア製品については子どもの手の届きやすい場所に置いている可能性がある」とし、鍵付きの棚などに保管するよう呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は5月15日、ヨーグルト製品にゼラチン成分を使用しながら...
  2. 消費者庁
    政府は、国民生活安定緊急措置法の対象製品にアルコール消毒製品を追加した。5月26日から施行する。緊急...
  3. ZENB STICK
    ミツカングループが発売したまるごと野菜のスティックタイプ食品「ZENB(ゼンブ) STICK」が、日...
  4. 香港消費者委員会
    海水から採取する「海塩」の2割からマイクロプラスチックが検出されたことが、消費者団体の香港消費者委員...
  5. 電話相談
    日本弁護士連合会は、4月20日から電話とウェブで受け付けてきた「新型コロナウイルス法律相談事業」を6...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る