【米国】2040kcalのパンケーキ 不健康メニュー賞受賞

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

米国の非営利団体「公益科学センター」(CSPI)はこのほど、最も不健康な外食メニューに贈る「エクストリーム・イーティング・アワード」の受賞メニューを発表した。受賞した8メニューの1つであるチーズケーキファクトリーの「シナモンロールパンケーキ」は、1日分に相当する2040キロカロリーを含んでいた。

シナモンロールパンケーキ

受賞メニューの1つ、シナモンロールパンケーキ。見た目からは想像できない高カロリーなメニューとなっている(画像はCSPIホームページより)

同アワードは、CSPIが2007年から開始した取り組みで、今年で21回目。レストランメニューのカロリー、砂糖、塩、脂肪の含有量を調査して、不健康メニューとして発表している。

調査結果によると、同賞の常連であるチーズケーキファクトリーのシナモンロールパンケーキは1日分相当のカロリー(2040キロカロリー)、1日分を超えるナトリウム(2950ミリグラム)、2日半分の飽和脂肪(51グラム)、3日分の砂糖(137グラム)が含まれていた。

CSPIはこのメニューについて、「3枚のパンケーキを2040キロカロリーにするのは容易なことではない。しかしチーズケーキファクトリーは、シナモンブラウンシュガー、小麦粉、アイシング(粉砂糖と卵白を混ぜたもの)、バターを加えたシロップをかけることで驚異的な仕事をやってのけた」と評価。このメニューを「シナモン爆弾(Cinnabomb)」と命名し、栄誉をたたえた。

そのほかの受賞メニューは▽ソニックのオレオピーナッツバターマスターシェイク▽トップゴルフのインジェクタブルドーナツホールズ▽ジミージョンズのジャイアントガルガンチュア▽チリのボスバーガー、など。CSPIは「受賞メニューはいずれも1500~2300キロカロリーで、少なくとも1日分の砂糖、塩、飽和脂肪を含んでおり、栄養上、悪夢のようなメニューだが、ほかのチェーンのメニューにも注意が必要だ」と指摘している。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. PL対策推進協議会第二回大会
    PL研究学会(大羽宏一会長)の協賛団体でリコール体制の整備や製品事故の未然防止活動に取り組むPL対策c
  2. 半導体不足により自動車メーカー各社が減産に追い込まれる中、米消費者団体コンシューマー・リポートは「今c
  3. 国民生活センター山田昭典理事長インタビュー
    ■消費者月間特別インタビュー コロナ対策を整備 成年年齢引下げ見据え若年消費者への注意喚起積極化 c
  4. 伊藤明子消費者庁長官インタビュー
    ■消費者月間特別インタビュー 食品ロス削減・エシカル消費・消費者志向経営を推進 長引くコロナ禍の中c
  5. ニッポン消費者新聞2021年1月1日号
    消費者月間特別インタビュー 伊藤明子・消費者庁長官 「消費者被害防止、厳正に対処」 ~悪c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る