【米国】郵便遅配の苦情が増加 科学者団体が郵政公社支援訴え

米非営利団体の憂慮する科学者同盟(UCS)は10月19日、新型コロナ蔓延以降、郵便物の遅配に関する消費者苦情が増加していると報告した。遅配は有色人の多い地区で深刻だとし、「米大統領選の郵便投票や薬の受け取りなど、今年はこれまで以上に多くの人が郵便に頼っている」と指摘。連邦政府に対し、弱体化が進む米郵政公社(USPS)への支援を訴えた。

UCSは情報公開法に基づき、郵政公社に寄せられた苦情データを収集。郵便物が2日たっても届かなかった事例を抽出したところ、3月中旬に苦情が急増し、その後、高い水準で推移していることがわかった。

UCSによると、コロナ前の2月は約4万件だったが、コロナが蔓延した4月は8万件以上と倍増し、それ以降、6万件を下回ることなく高止まりしているという。苦情は黒人が多く住むコロンビア特別地区(首都ワシントンD.C.)が1000人当たり2.8件と最も多く、以下、ネバダ州とルイジアナ州が1.2件と続いた。居住者の45%以上が有色人種である地区での苦情件数が目立つという。

UCSは「郵政公社は何年にも渡って弱体化し、コロナ禍の現在、その結果が顕著となっている」と指摘。多くの人が大統領選の郵便投票をはじめ、医薬品や必需品を受け取るために郵便に依存しているとして、政府に郵政公社の支援を求めている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動授乳枕
    枕に哺乳瓶を固定して、赤ちゃんが自分でミルクを飲めるようにした「自動授乳枕」について、英製品安全基準c
  2. 水
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは11月30日、シャワーは短時間で済ますほうが肌にも環境にもc
  3. 全相協公開シンポ
    ◎法規制求める意見 公的機関と民間との連携も提案 デジタル化に伴う消費者トラブル急増を背景に11月c
  4. 2022年1月1日号
    特集 全相協が公開シンポ開催 「暮らしの変化と広告表示」テーマに議論 法規制求める意見 c
  5. 多摩消費生活センター
    東京都が運営する2カ所の消費生活センターのうち、多摩地域の拠点となる「多摩消費生活センター」が202c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る