【米国】政府機関閉鎖問題 消費者保護11機関に影響

米国政府機関の一部閉鎖が長期化している問題で、米国の非営利団体パブリック・シチズンは1月9日、閉鎖の影響を分析したレポートを発表し、「消費者・労働者の保護、安全、健康がおびやかされている」とする声明を出した。

同団体が入手した情報によると、消費者・労働者に関連する11の機関が閉鎖による影響を受けた。そのうち7機関は職員の75%以上が自宅待機となっていて、多くの業務が滞っているという。

自宅待機率が高いのは▽消費者製品安全委員会(CPSC)96%(職員550人中530人が自宅待機)▽雇用機会均等委員会95%(2078人中1975人)▽環境保護庁94%(1万3972人中1万3160人)▽証券取引委員会94%(4436人中4151人)▽商品先物取引委員会88%(673人中591人)▽連邦通信委員会83%(1442人中1197人)▽連邦取引委員会77%(1124人中862人)。

そのほか道路交通安全局57%、パイプライン・危険物安全管理局51%、食品医薬品局49%、連邦航空局40%となった。

パブリック・シチズンは「このまま閉鎖が続くと、違反企業への行政処分や食品・製品の安全検査が行われなくなり、環境汚染が放置され、詐欺行為を取り締まることができず、消費者苦情も受理されなくなる」と指摘。業務の遅れを取り戻すだけで何週間もかかる可能性があると警告した。

関連記事

新着記事

  1. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  2. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  3. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  4. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...
  5. 厚生労働省
    厚生労働省の検討会は5月20日、改正食品衛生法で規定された健康被害情報の届出義務の対象となる成分を示...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る