米国はトランス脂肪酸と決別 非営利団体が勝利宣言

米国で6月18日、トランス脂肪酸を多く含む油脂(部分水素添加油脂、PHOs)の食品への使用が原則禁止される。この措置が始まるのを前に、食品政策を監視する非営利団体「公益科学センター」(CSPI)は6月13日、「トランス脂肪酸との最後の別れがようやく訪れた」とする勝利宣言を出した。CSPIは1993年からトランス脂肪酸に反対するキャンペーンを展開。25年間に渡る様々な取り組みがようやく実を結んだことになる。

米食品医薬品局(FDA)が2015年、部分水素添加油脂の規制導入を決め、猶予期間を経た3年後に実施するとしていた。一部例外や猶予期間の延長があるものの、週明けの月曜日(18日)から原則使用が禁止される。

CSPIの元エグゼクティブディレクターで上級サイエンティストのMichael F. Jacobson氏は「食品からトランス脂肪酸をなくすことは公衆衛生上の歴史的勝利を意味する。この措置により毎年何万人もの命を救うことになるだろう」と歓迎。規制導入が発表されて以降、食品業界による原料の切り替えも急ピッチで進み、「もはやレストランで提供される揚げ物やペストリー、パイの皮、ポップコーン、マーガリン、ショートニングなどの食品でトランス脂肪酸を見つけることはますます困難になっている」と一定の評価を与えた。

CSPIは1993年、FDAに対し、トランス脂肪酸の表示義務付けを要求。以降、25年に渡り公衆衛生キャンペーンを継続してきた。13年にはレストランのメニュー調査を行い、ある料理に33グラム(目標基準の約2週間分)が含まれていることを確認。「アメリカで最悪の料理」として公表するなどしたほか、マクドナルドやバーガーキング、スターバックスなどの大手チェーンを相手に、原料の切り替えを求める運動を繰り広げてきた。

一方、FDAは06年に表示制度を導入。13年には「部分水素化油脂が安全だとは認められない」とする予備的決定を発表し、15年にはその決定を確定。3年の猶予期間を経て使用禁止の措置をとるに至った。

CSPIのJacobson氏は「食品業界は年間80億ポンド(約363万トン)の部分水素添加油脂を使用してきたが、より健康的な油脂に置き換えるという大きな取り組みを行った」と評価した。さらに、06年にケンタッキー・フライド・チキンのセットメニューにトランス脂肪酸が15グラムあったことや、02年に菓子メーカー・リトルディーのゼブラケーキに7グラム含まれていたことなどを述懐し、「今日、それらの食品からトランス脂肪酸が検出されることはない」と報告した。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る