<米国>回収中のシリアルいまだ販売 リコール制度の限界露呈

サルモネラ菌による食中毒の発生を受け、ケロッグが6月から回収を進めるシリアル食品「ハニー・スマック」がリコール着手から2カ月後も一部の小売店で販売されていることが、FDA(米食品医薬品局)の調査でわかった。リコールが実施された食品を販売することは違法だが、FDAには販売を強制的に止めさせる権限がなく、その間、食中毒が拡大する事態に。消費者保護団体U.S.PIRGは「食中毒の拡大は防げたはずだ。FDAが阻止できないのならリコール制度を改革する必要がある」と指摘した。

FDAは5月に複数の州でサルモネラ菌が原因とみられる食中毒の発生を把握。患者への聞き取りなどから発生源をケロッグの「ハニー・スマックス」と特定し、協議の結果、同社は6月14日、自主回収に着手した。しかし、FDAによる7月の調査では、食料品店や小売店舗の一部が問題のシリアルの販売を続けていることが判明。これまでに患者数は6月14日時点の31州73人(うち24人が入院)から、8月31日時点の36州130人(うち34人が入院)へと拡大していた。

こうした事態を受け、U.S.PIRGは9月6日、「食中毒を引き起こすリコール中の食品がいまだに購入可能な状況は到底受け入れられない」とする声明を発表。FDAに対し、把握している小売店名を公表するよう要求したほか、「FDAが販売の事実を知りながらその脅威を取り除くことができないのは制度上の欠陥だ」として、リコール制度の改革を訴えた。

同団体は「最新の通信システムと情報技術を駆使すれば、店舗の在庫状況の把握や消費者への通知などは可能だ」としている。

関連記事

新着記事

  1. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  2. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  3. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  4. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...
  5. 厚生労働省
    厚生労働省の検討会は5月20日、改正食品衛生法で規定された健康被害情報の届出義務の対象となる成分を示...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る