副業サイト被害110番、13日に全国一斉実施 弁護士が対応

「副業になる」などとうたう情報商材による消費者被害が相次いでいることを受け、クレジット・リース被害対策弁護団(団長・瀬戸和宏弁護士)が9月13日に「副業サイト被害全国一斉110番」を実施する。

実施時間は10時~16時、電話番号は東京03(3556)3401(当日のみ)。情報商材やそのほかの副業サイト被害について、弁護士が直接相談を受ける。

国民生活センターによると、情報商材トラブルに関する相談件数が2017年度に6593件あり、13年度の7倍超に急増。今年度も増加ペースが続いているという。情報商材の内容は様々で、主に▽副業で儲ける方法(ブログやアフリエイト、ネットビジネスなど)▽投資で儲ける方法(FX、バイナリーオプション、仮想通貨など)▽ギャンブルで儲ける方法(パチンコ、競馬、オンラインカジノなど)――の3パターンが知られている。契約前に中身を確かめられないため、価値のない内容の電子情報を高額で購入させられる事例が相次いでいる。

110番当日は東京のほか、札幌、阪神、福岡など全国22地域(9日現在)で実施する予定。地域により実施日が異なる(13日を中心に11~18日)ため、クレジット・リース被害対策弁護団ホームページで確認を。

関連記事

新着記事

  1. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  2. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  3. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  4. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...
  5. 厚生労働省
    厚生労働省の検討会は5月20日、改正食品衛生法で規定された健康被害情報の届出義務の対象となる成分を示...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る