第58回全国消費者大会3月13日開催へ 新たな時代の課題探る

国際消費者機構が呼びかける「世界消費者権利デー」(3月15日)にあわせ、東京都内で3月13日、58回目となる全国消費者大会が開催される。全体会のテーマは「新たな時代を生きるために~第4期消費者基本計画案から考える~」。分科会は環境分科会と憲法・平和分科会の2つとし、それぞれ気候変動、憲法を巡る課題について議論する。主催は各団体でつくる第58回全国消費者大会実行委員会。

2018年の第56回大会までは2日間の日程で行ってきたが、今回は前年に続く1日開催。また、前回、前々回は4つの分科会を設定したが、今回は2分科会でおこなう。

全体会では、消費者委員会事務局長の二之宮義人さんが講演、全国青年司法書士協議会生活再建支援推進委員会委員長の手嶋竜一さん、コンシューマーズ京都事務局長の溝内啓介さんが報告をおこなう。

環境分科会は「温暖化の原因や気候変動の現状を知る~私たちが何ができるかを考える~」をテーマにすえ、気候ネットワーク理事の平田仁子さんと環境省地球環境局の清家裕さんが講演。

憲法・平和分科会は「憲法を身近に感じてもらうためには?~人権を実感できない若者の生活と意識の現場から考える~」をテーマとし、関東学院大学教授の中西新太郎さん、弁護士で明日の自由を守る若手弁護士の会の太田伊早子さんが講演する。

第58回全国消費者大会は3月13日(金)13時~17時30分(分科会13時~15時、全体会15時30分~17時30分)、主婦会館プラザエフ(東京・千代田)にて。参加費は1人1000円、学生500円(全体会、分科会のすべてに参加可能)。参加締め切りは3月5日(木)。

問い合わせは実行委員会事務局(全国消費者団体連絡会、電話:03・5216・6024)まで。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 味の素は7月7日、今年発売50周年を迎える「ほんだし」をリニューアルすると発表した。具だくさんみそ汁...
  2. 今後5年間の消費者政策の重要施策がまとまった。153施策が提示され、それぞれ取組予定と重要業績評価指...
  3. 次亜塩素酸化学工業会
    感染症対策として空間噴霧による次亜塩素酸水の活用を目指し、消毒薬剤メーカーなど12社が一般社団法人次...
  4. 新栄養成分ラベル
    米国の栄養成分表示が約20年ぶりに大幅に改正され、今年に入って大手企業を対象に一部施行されたことを受...
  5. 消費者庁徳島オフィス
    ■恒常的機関との位置づけ 国際消費者政策研究センターも設置 消費者庁は7月30日、徳島市に「新未来...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る