米国で猛威、暗号資産投資詐欺 被害8千万ドルに 若者で深刻

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

米連邦取引委員会(FTC)は5月17日、暗号資産(仮想通貨)への投資を勧誘して金銭をだまし取る詐欺が相次ぎ、若者を中心に深刻な被害が発生していると警告した。有名人を装ったり、出会い系サイトを通じて接近したりするなど様々な手口が横行しており、「投資する前にインターネットで“業者名”、“暗号通貨の種類”、“詐欺”もしくは“苦情”と打ち込んで検索し、騙されていないかを確認してほしい」と呼びかけている。

昨年10月~今年3月までの半年間に、およそ7千人が被害に遭い、被害額は前年比10倍の8千万ドル(約87億円)を超えた。前年比で特に20代、30代の若者の被害が深刻で、この世代はもともと投資詐欺にだまされやすい傾向がある上、投資詐欺被害の半分以上(3500万ドル)を暗号通貨が占めるようになっていた。

詐欺の手口は様々で、「儲かる」と告げて偽の投資サイトに誘導するもの、テスラCEOで暗号資産の投資家としても有名なイーロン・マスク氏などをかたって投資を促すもの、出会い系サイトを通じて恋愛感情を抱かせ、偽の暗号資産への投資を持ちかけるものなどがある。

FTCは「暗号資産、電子マネー、ギフトカードは詐欺師が最も好む支払い手段。追跡が難しく、取り返せる可能性はほぼない」と指摘。ネット上でこれらを要求されても絶対に支払ってはいけないと警告している。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 消費者庁
    消費者庁は10月20日、22団体目となる適格消費者団体と、4団体目にあたる特定適格消費者団体を認定しc
  2. 豪州消費者団体Choice
    オーストラリアで植物由来の代替食品が台頭している。代替肉にとどまらず、ラザニア、ヨーグルト、コンデンc
  3. 自動車用タイヤの空気圧を監視する「TPMS」(タイヤ空気圧監視システム)。米国では2009年9月からc
  4. 国民生活センター
    国民生活センターは10月19日、カットパンを食べた1歳未満の乳児が死亡するなどの重大事故が起きたことc
  5. 冷凍食品の日
    日本冷凍食品協会は10月18日、東京都内で「10月18日は『冷凍食品の日』~べんりとおいしいのその先c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る