【米国】園芸植物による蚊除けは期待薄 しっかり対策を

マリーゴールドなど特定の園芸植物を庭に植えて蚊を撃退する方法がインターネット上で紹介されていることを受け、米国の消費者団体コンシューマー・リポートがその効果を検証する記事を公表した。著名専門家らの見解から導き出された答えは「十分な効果は期待できない」というもの。蚊媒介感染症から身を守るため、防虫剤を正しく使うことが重要だとしている。

害虫忌避の特性を持つ園芸植物には特定のマリーゴールド、イヌハッカ、菊などがある。害虫管理の専門家、メイン大学のジェームス・ディル博士は「(庭に植えられた)これらの植物が蚊を寄せ付けないことを示す確かな証拠はない。おそらく植えても植えなくても同じ数の蚊があなたをめがけて飛んでくるだろう」と回答。昆虫学の権威、アイオワ州立大学名誉教授のジョエル・コーツ博士も「これらの植物は昆虫から身を守るための化合物を持っているが、空気中に放出することはない」と語った。

コーツ博士は「蚊媒介感染症を防ぐ最善の方法は防虫剤を使うことだ」と強調。効果が証明されている環境保護庁登録の製品を選ぶことを勧めた。

また、蚊の繁殖を防ぐことも費用対効果の高い方法だとした。スイス熱帯公衆衛生研究所のサラ・ムーア博士は、蚊の繁殖場所である水たまりをなくすことを提案。植木鉢の受け皿や側溝などの排水に気を配り、植物に水をやりすぎないことも重要ポイントだとした。

ディル博士は、蚊が発生した時の一時的な対策として、ベランダに屋外扇風機を数台稼働させる方法を紹介。蚊は飛ぶのが苦手で、風があると飛んだり着地したりすることが困難になるという。「風の強い日に、蚊にあまり刺されないのはそのためだ」と解説している。

重要なのは科学的に証明された防虫剤を正しく使うこと。コンシューマー・リポートは「確かに蚊はマリーゴールドやマタタビ、菊など(の化合物)が嫌いのようだが、私たちは身を守るため、園芸植物以外の様々な対策を取る必要がある」としている。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 水
    米国立衛生研究所(NIH)が今年1月に公表した研究成果によると、市販のボトル入りウォーター1リットルc
  2. 消費者安全調査委員会
    消費者安全調査委員会(消費者事故調、中川丈久委員長)は4月25日、スポーツジムなどで発生している「パc
  3. PFASワーキンググループ
    食品安全委員会のPFASワーキンググループは4月26日、第8回会合を開き、「PFAS(有機フッ素化合c
  4. 米国の保険関連非営利組織「国家保険犯罪局」(NICB)は5月9日、盗難車に関する2023年報告書をまc
  5. 伝統的易学業界
    国民生活センターも参加、トラブル事例を解説 伝統的な易学の研究・普及に取り組んでいる占い関連団体がc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る