【英国】偽レビュー集団、フェイスブックに依然横行 投稿続く

Amazonなどのオンライン通販サイトに偽の最高評価レビューを大量投稿して金銭を稼ぐ集団が、依然としてフェイスブック上に暗躍していることが、英国の消費者団体Which?の調査でわかった。偽レビュー集団はフェイスブック上にグループを作って活動し、そのうちの9グループは7月に合計5万5000件以上のレビュー投稿を行っていた。グループのメンバー数は現在も急増していて、Which?は偽レビューの排除を求める署名活動を展開している。

英国競争市場局(CMA)が6月21日、偽レビュー排除に乗り出し、フェイスブックとeBayに協力を要請していた。Which?がその後の改善状況を調べたところ、eBayでは偽レビュー集団が激減し、厳しく取り締まっていることが判明。一方、フェイスブックでは偽レビュー集団が数十グループ存在し、とくに9グループが依然として活発に活動していることがわかった。

9グループは7月の1カ月間に5万5000件以上の偽レビューを投稿。1日当たり数百~数千のレビューを生産し続けていた。また、メンバー数も急増し、上位10グループの会員数は7月1日の8万5647人から8月1日の10万5669人へと19%も増加。ある1グループのメンバー数は30日間で3倍に膨らんでいた。

調査結果について、CMAシニアディレクターのジョージ・ラスティ氏は「とても容認できない事態だ。フェイスブックは迅速に対処しなければならない」とコメント。Which?は「誤解を招くレビューによって、消費者が低品質もしくは危険な製品にさらされることを懸念している」とし、ネット上で偽レビュー排除に向けた署名活動を展開。これまでに5万5000筆を超える署名が寄せられている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. 日本弁護士連合会
    給与ファクタリングと称するヤミ金融業者が横行している問題で、日本弁護士連合会の荒中(あらただし)会長...
  2. 自動車
    米消費者情報誌コンシューマーリポートは5月21日、自動車メーカーが歩行者検知安全システムの搭載を積極...
  3. 静岡県中部県民センターに寄せられた2019年度消費生活相談は1893件で、前年度の2145件に比べて...
  4. 欧州消費者同盟
    事件発覚から約5年――。ドイツ最高裁は5月25日、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)に対し、...
  5. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は5月15日、ヨーグルト製品にゼラチン成分を使用しながら...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る