ニッポン消費者新聞|2015年5月1日消費者月間特集号

消費者月間特別インタビュー

  • 山口俊一消費者担当大臣「消費者被害防止へ対応促進」
  • 板東久美子消費者庁長官「指令塔機能発揮へ環境整備」

2015年度消費者行政方針

  • 消費者契約法改正へ協力推進―消費者庁消費者制度課・加納克利課長
  • 新「消費者基本計画」策定・実施へ―消費者庁消費者政策課・鈴木一広課長
  • 消費者月間参加呼びかけ―消費者庁消費者教育・地方協力課・植田広信課長
  • 事業者の「消費者志向経営」促す―消費者庁消費者調査課・岡田恵子課長
  • 重大事故防止へ注意喚起積極化―消費者庁消費者安全課・尾原知明課長
  • 特定商取引法の行政処分220件超―消費者庁取引対策課・山田正人課長
  • 新食品表示制度スタート―消費者庁食品表示企画課・竹田秀一課
  • 景表法・家品法など厳正運用―消費者庁表示対策課・真渕博課長
  • 食品健康影響評価、着実に推進―食安委・木下光明リスクコミュニケーション官
  • 製品安全文化の醸成めざす―経産省製品安全課・川原誠課長
  • 食品の規格・基準、安全性確保へ―厚労省基準審査課・山本史課長
  • 悪質事業者排除、法改正に協力―経産省消費経済企画室・伊藤正雄室長
  • 「HACCP企画推進室」発足、普及促進―厚労省監視安全課・滝本浩司課長
  • 電気通信事業法改正案を国会に提出―総務省消費者行政課・吉田正彦課長
  • 家畜伝染性疾病防止へ尽力―農水省動物衛生課・熊谷法夫課長
  • 食品表示法に基づき監視・取締り推進―農水省表示・規格課・相本浩志課長
  • 食品の安全性向上へ各種調査推進―農水省消費・安全政策課・吉岡修課長
  • 3つのリサイクル制度見直し検討―環境省リサイクル推進室・庄子真憲課長
  • 自動車のユーザーの視点に立ったリコール―国交省審査・リコール課・西田寛課長
  • 多重債務問題解決に向け施策強化―金融庁・佐藤則夫信用制度参事官
  • 犯罪に利用されるツール対策推進―警察庁・上野正史生活経済対策管理官
  • 6つの業務推進、消費生活を支援―国セン企画課・三澤智子課長
  • 不適切取引行為監視・取締り強化―東京都消費生活総合センター・吉村幸子センター長
  • 「大阪府消費者基本計画」策定―大阪府消費生活センター・増井健人所長
  • 「安全なふるさと兵庫」へ施策推進―兵庫県生活科学総合センター・土取充センター長

消費者・市民団体が新方針表明

  • 平和憲法守り消費者の権利確立めざす―日本消費者連盟・田坂興亜共同代表
  • 「消費者目線」に立つ消費者行政を―主婦連合会・河村真紀子事務局長
  • 時代が要請する消費者運動推進を―全大阪消団連・飯田秀男事務局長
  • PT活動推進、「消費者主役の社会」構築を―CNJ・古賀真子理事長

ACAP(消費者関連専門家会議)

  • 消費者志向経営の普及・定着へ―ACAP・佐分正弘理事長

消費者委員会

  • 監視機能発揮へ全力―消費者委員会・河上正二委員長

特集企画

  • 恒例!本紙記者座談会
    消費者問題の核心を突く!記者たちが取材で感じた生の声をもとに徹底議論
    巧妙手口、全国にまん延/定着するか機能性表示/長過ぎる猶予期間に反発も/PL判決、安全政策にどう反映リ/依然増加、リコール対象品事故/「主役」になれない消費者/どう規制する?規制緩和策
  • 消費者月間
    消費者被害どう防止 高齢者トラブルは増加の一途に
    ~実効策導入急務 拡大する消費者問題、連携推進へ~
  • 「劇場型」勧誘10社を公表
    改正消安法発動、昨年度の運用実績で判明
    ~高齢者狙い高額勧誘、消費者庁が注意喚起~
  • 消費者月間アンケート
    適格消費者団体連携アピール 新訴訟制度へ対応検討
    ~実効性アル支援策を要請~
  • 洗濯用パック型液体洗剤に注意
    3歳以下の乳幼児の誤飲事故相次ぐ
    ~各国で発生 国際機関が啓発キャンペーン~
  • 国民生活センター「越境消費者センター」稼動へ
    国際対応の固有の事業として位置付け 国際会議へ職員派遣
    ~中国消費者協会など各国機関と連携積極化~

海外ニュース

  • <豪州>アプリでパーム油を判別 企業の「グリーン調達」促す
  • <米国>アップルウォッチ、運転中の使用は合法? 「携帯電話より危険」との声も
  • <CI>世界保健デーに合わせ声明 消費者団体の貢献をアピール
  • <香港>家具転倒で死亡事故も発生 住宅事情で安全性置き去り
  • <英国>消費者が選ぶ最高ブランド賞 候補にソニーなど日本企業も

企業・商品情報

  • <JEMIC>電気メーターの信頼性を確保 消費生活支える検定制度
  • <味の素>「うま味サイエンススクエア」オープン 川崎工場に体験学習の場
  • <ブルボン>柏崎駅前に新本社ビル竣工 創業の地に本社・開発機能集結
  • <ダイドードリンコ>方言でおもてなしする自販機導入 安全運転の一助にも
  • <キリン>ビアガーデン「行く」93.7% 過去5年で最高

その他のニュース

  • 「詐欺防止月間」キャンペーン ICPENと連携、各国で展開
  • 安全行政の監視強化へ 「食の安全・監視市民委」が総会
  • ウォーターサーバー、乳幼児のやけど事故増加 チャイルドロック容易に解除
  • 価格表示、9割が「税込み表示」を支持 適格消費者団体が調査
  • 天気予報で需要を予測 食品ロス40%削減 Mizkan冷やし中華つゆで検証
  • 「屋根工事」の相談増加 言葉巧みな勧誘に注意
  • 修理規定巡りドコモに申し入れ 「無料」と誤認の恐れ
  • 太陽電池パネル、落雪事故防止へ対応要請 資源エネ庁
  • 消費者月間、消費者・企業・行政がイベント 消費者支援功労者表彰被表彰者
  • CI世界大会、11月開催へ 「消費者パワー発揮」テーマにブラジル首都ブラジリアで

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. イベント
    企業と生活者のパイプ役を担い、働く女性で構成する一般社団法人日本ヒーブ協議会は12月4日と来年1月1...
  2. 英国の消費者団体Which?
    キャッシュレス化や銀行の支店閉鎖が加速する英国で、250を超す地区でATM(現金自動預け払い機)がま...
  3. PL検討委員会
    新しい製造物責任(PL)のあり方を研究する「一般社団法人PL研究学会」(会長・大羽宏一大分大学名誉教...
  4. ホワイトハウス
    来年秋の米大統領選挙に向けた民主党の指名争いで、200ドル未満の少額献金総額が巨額献金総額を上回った...
  5. 全国消費生活相談員協会公開シンポ
    現在の消費者行政はバブル崩壊後の冬の時代に続く、第2期冬の時代に入りつつある――。そんな指摘が11月...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る