シニア層、スマホ派7割に 16年にフューチャーフォンを逆転

  • ̂BbEgbV͂Fubb}[bH?X?@

携帯電話を所有するシニア層のあいだで、スマートフォンの利用が拡大している。MMD研究所の調査によると、2019年のスマホ利用者は前年比7ポイント増の68.5%となった。一方、ガラケーなどのフューチャーフォン(従来の携帯電話)利用者は31.5%だった。

この調査はMMD研究所が2012年から実施するもの。携帯電話を所有する60歳~79歳の男女を対象に契約通信会社の推移を集計した。

調査によると、スマホ利用者の割合は年々拡大し、12年の12.7%から今年は68.8%となった。2016年には前年比10.3ポイント増の51.3%となり、フューチャーフォンを逆転していた。

また、2019年の契約通信会社は「3キャリア」(docomo、au、SoftBank)が81%、「格安SIM」が18.9%。格安SIMの利用が年々拡大(12年時は7.7%)していた。キャリアの内訳はdocomoが37.3%、auが26.8%、SoftBankが20.3%。各社とも前年比で減少となった。

  • ̂BbEgbV͂Fubb}[bH?X?@

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. 愛知県
    愛知県で1月27日から、通訳を介した外国人向け消費生活相談が開始される。実施するのは公益財団法人愛知...
  2. ろすのん
    縁起物として節分シーズンに出回る「恵方巻き」の売れ残りが大量廃棄されていた問題で、昨シーズンの廃棄率...
  3. ミツカン「フルーティス」
    健康志向の高まりを背景に、お酢ドリンクの人気が広がっているようだ。調味料大手Mizkan(ミツカン)...
  4. クルマの安全機能の名称が各社で異なり、消費者の誤解を招くおそれがあるなどとして、米消費者情報誌コンシ...
  5. 自動車
    英国の消費者団体Which?は1月16日、保険会社の最新分析を示し、「交通事故の発生率が最も高いのは...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  2. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  3. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る