【英国】ビューティーブレンダーは定期的に洗浄を 細菌汚染深刻

使用中のマスカラやリップグロスなどメイクアップ用品が高い確率で感染症を引き起こす細菌(スーパーバグ)で汚染されていることが最新の研究でわかった。特にファンデーションを塗るときに使う卵型のパフ「ビューティーブレンダー」の汚染度が深刻だったといい、定期的な洗浄と洗浄後の乾燥の徹底など衛生管理の重要性を指摘している。

英国アストン大学のAmreen Bashir博士らによる研究成果が学会誌「Journal of Applied Microbiology」に掲載され、英国を中心に複数の海外メディアがその内容を伝えた。

ビューティーブレンダー

ビューティーブレンダーのイメージ画像。水を含ませて使用するという

研究報告などによると、消費者が使用しているの5つメイク用品(ビューティーブレンダー、マスカラ、リップグロス、アイライナー、口紅)計467個を調べたところ、9割の製品から大腸菌や黄色ブドウ球菌、シトロバクター・フロインディなど深刻な感染症を引き起こす細菌が検出された。

特にビューティーブレンダーの汚染度が最も高かった。その理由として▽水で濡らして使う製品で使用後も湿った状態のまま管理されることが多い▽使用者の64%が使用中に床に落とした経験があるにもかかわらず、そのうちの93%の人が洗浄せずに使い続けた――ことなどをあげ、有害な細菌が繁殖しやすい環境になっていると指摘した。このメイク用品は有名人が推奨するなどして、世界中で推定650万個以上売り上げる大ヒット商品になっているという。

化粧品には厳格な衛生基準があるが、使用中の管理は消費者にゆだねられている。Bashir博士は「化粧品の多くは洗浄されず、有効期限をはるかに超えて使用されている。不衛生な化粧品を使うと目や口、傷口などから細菌が入り込み、免疫不全などの抵抗力の弱い人にとっては深刻なリスクとなる」と警告。消費者に衛生管理の徹底を呼びかけるとともに、メーカーと規制当局により詳細な情報提供(有効期限の表示や洗浄方法の記載、使用中のリスクなど)を行うよう求めている。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 日本生協連藤井専務
    日本生活協同組合連合会(日本生協連)は10月23日、2020年上期(4~9月)の事業状況を報告し、新...
  2. 札幌
    解禁から1年が過ぎたゲノム編集技術応用食品を巡り、北海道消費者協会(札幌市、畠山京子会長)が厚労、農...
  3. 薬害オンブズパースン会議
    薬害、医療被害発生の防止活動を続ける「薬害オンブズパーソン会議」(代表・鈴木利廣弁護士)はこのほど、...
  4. AARP
    米国の高齢者団体AAPRは10月22日、「タッチレス技術で生活がもっと便利になる」として、手を触れず...
  5. ダイソン偽サイトトップページ
    実在の通信販売サイトをかたった偽サイトなどに対し、消費者庁は10月21日、当該サイト名を公表し、被害...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る