【英国】犬用早食い防止皿をテスト ストレス与える製品も

愛犬の早食いを防止するフードボウルについて、英国の消費者団体Which?が商品テストを実施した。突起を設けることで食べにくい形状にしているため、確かに食べる速度が落ちたものの、洗浄が面倒だったり、犬にストレスを与えてしまったりする製品も見つかった。愛犬に適した製品を見つけるのは難しく、返品条件などを確認してから購入するよう呼びかけている。

16種類のフードボールを5頭の空腹な犬でテストしたところ、すべての製品で食べる速度が落ちたが、中には通常の10倍以上の時間を要する製品も見つかった。犬にストレスを与える可能性があり、忍耐力の高くない犬はボウルをかじったり、ひっくり返したりするおそれがあった。

また、形状が複雑すぎると飼い主の負担が増える可能性があった。食事前・食事後の「餌を詰める」「食べ残しを取り除く」のに一苦労な上、洗浄にも時間がかかる。いくつかの製品には滑り止めが付いているが、効果を発揮せず、床の上を動き回ったという。

さらに、多くの製品はかたいプラスチック製だが、犬が噛むため長持ちしない。同団体が通販サイトのレビューを調べたところ、ボウルの破損が最も多い苦情だった。

同団体は「愛犬に適した製品を見つけるのは困難な作業になるかもしれない。あまりにも形状が複雑なものは避け、犬の性格を見極め、食べる楽しみが味わえるものを推奨する」とアドバイスしている。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県内の相談窓口に寄せられた2023年度の消費生活相談件数は前年度比4.4%減の4万6908件だっc
  2. 日本生協連
    ◎エシカル消費対応商品は9%増と伸長 日本生活協同組合連合会がまとめた全国117主要地域生協の20c
  3. 東レインターナショナル片岡社長
    東レ100%出資のメーカー商社、東レインターナショナルは6月13日、グループ初となるアップサイクル事c
  4. 消費者庁
    ◎消費者庁、景品表示法に基づく法的措置概要を公表 消費者庁が公表した景品表示法に基づく法的措置概要c
  5. みそ汁・スープのやけどに注意
    6月11日に閣議決定された水産白書によると、2022年度における魚介類の1人1年当たりの消費量は22c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る