車外脱出用ハンマーの特徴周知を 破砕できないガラスも登場

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

◎国センがテスト 業界団体の設立も要望

豪雨による河川の氾濫で車中に閉じ込められる事故が相次いでいることから、国民生活センターは8月20日、万が一の事故防止のための車外脱出用緊急脱出ハンマーに関するテスト結果を発表。有効性があるものの、破砕できない車用ガラスが登場していることから業界団体を設立し、JISの改正に取り組むことを業界に要望した。

車外脱出用ハンマー

国センがテストした緊急脱出用ハンマー。様々な種類がある(8月20日、国民生活センターにて)

自動車用緊急脱出ハンマーは、シートベルトを切断し、ドアガラスやサイドガラスを破砕して車外に脱出するための有効な商品。国民生活センターは2012年から13年にかけテストを実施、シートベルトを切断するのに時間を要する商品やドアガラス破砕ができない商品について注意を喚起してきた。同テストを契機に16年にはJISが制定された。

だが、最近では静粛性を目的に合わせガラスを採用した車種も目立つようになった。合わせガラスは緊急脱出用ハンマーでは破砕することができない。同センターでは、脱出用ハンマーの普及状況、自動車用ガラスの種類の実態をアンケート調査し、ドアガラス破砕テスト結果や脱出方法について情報提供することにした。

アンケート調査では緊急脱出用ハンマーを知っている人のうち、自動車に積載している人は約2割に過ぎなかった。破砕不可能で破砕できないガラスがあることを知らない人が4割いた。

同センターは、調査結果をもとに、業界団体の設立、JIS改正などを業界に求めている。

(本紙9月1日号より転載)

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. スバルレガシィアウトバック
    国土交通省と自動車事故対策機構による2021年度「自動車アセスメント表彰式」が5月25日、オンラインc
  2. エアコン試運転
    ◎今夏は猛暑予想 高齢者にも声かけを 本格的な夏の到来を前に、NITE(製品評価技術基盤機構)は5c
  3. ベビーレスキュー
    ◎メーカー、販売中止に応じるもリコールは拒否 子どもをバッグに入れて、高所から緊急避難させる器具にc
  4. 植物油
    ◎資源循環に弾み 研究成果を論文発表 調味料・食用油用容器にリサイクルペットボトルを採用する動きがc
  5. 警察庁
    全国の警察当局が把握した2021年の特殊詐欺件数(認知件数)は、前年比7%増の1万4498件、被害額c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る