米CDC、血中鉛濃度参照値引下げ 1~5歳の2.5%が超過

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

米疾病対策センター(CDC)は10月29日、血中鉛濃度参照値(BLRV)を5μg/dLから3.5μg/dLに引き下げたと発表した。1~5歳の約2.5%が新しい参照値を上回っているとみられ、州や保護者に対策を呼びかけた。米国における子どもの血中鉛濃度は長期的にみると大幅に低下しているが、CDCは「子どもにとって安全な血中鉛レベルはなく、微量でも子どもの脳の発達に有害性を示す可能性がある」と指摘している。

血中鉛濃度参照値は、通常よりも高い濃度の鉛にさらされている子どもを特定するため、2012年に導入された指標。参照値を上回る子どもについて、CDCは州や市に医療的・環境的な支援を行うよう求めている。汚染リスクの高い地域やコミュニティの把握にも役立てられおり、CDCは「黒人の子ども、低所得世帯に住む子ども、移民・難民の子どもは鉛に汚染されたコミュニティに住む可能性が高い」と指摘する。参照値の引き下げは導入以来、今回が初めて。

鉛の主要な曝露源は塗料、ほこり、鉛で汚染された土壌、鉛製水道管からの水道水。そのほか、おもちゃ、宝飾品、輸入食品、伝承薬などからの曝露がある。鉛塗料が禁止された1978年以前に建てられた家屋、空港周辺地域、鉛製水道管は要注意だという。

CDCの発表を受け、米消費者団体コンシューマー・リポートは保護者がすぐに実行できる対策を紹介。▽定期的にウェットモップと掃除機でほこりを取り除く▽料理・飲用の際、水道水を45秒間流してから使う▽心配ならNSF/ANSI 53認定の浄水器を使う▽一部の水道事業者が実施する鉛検査を受ける▽ビタミンC、カルシウム、鉄を正しく取れているかを確認し、健康的な食事を心がける(鉄不足の子どもは鉛を吸収する可能性が高くなる)――などを呼びかけた。様々な支援プログラムを用意している州もあり、地域の保健機関に問い合わせてみるとよいとしている。

同団体によると、米国では通常、生後1年間は小児科医によって血中鉛濃度の定期チェックが行われ、特に汚染地域や古い家屋に住んでいる子ども、鉛濃度の高い兄弟がいる子どもは重点的に検査されるという。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. サイト安全診断ツール
    ポルトガル最大の消費者団体「DECO PROTESTE」は9月28日、悪意のあるサイトかどうかを診断c
  2. 第16回キッズデザイン賞
    ◎消費者担当大臣賞に教育プログラム「メルカリ・エデュケーション」 キッズデザイン協議会が主催する「c
  3. 豪州消費者団体Choice
    消費者の同意を得ない形で顔認証機能付き監視カメラが小売り店舗に設置されていた問題を巡り、豪州の消費者c
  4. 欧州消費者同盟
    欧州で活動するNGO5団体が9月14日、欧州委員会の専門家グループである「持続可能な金融に関するEUc
  5. 東京都消費生活総合センター
    霊感商法への関心が高まっている状況を踏まえ、東京都は9月15日、緊急特別相談「霊感・開運商法特別相談c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る