用途広がるカセットボンベ、ガストーチ事故増加 NITE初集計

  • 2017/12/22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭用カセットコンロに使用するカセットボンベの破裂・引火事故が相次いでいるとして、NITE(製品評価技術基盤機構)は12月21日、注意を呼びかけた。ボンベの過熱や装着ミスなどが主な原因。カセットボンベの用途が広がる中、カセットコンロに加え、料理に焦げ目をつけるガストーチや専用のガスストーブでも事故が起きていて、NITEは正しい使用を呼びかけている。

ガストーチ事故急増

料理などに使うガストーチ。カセットボンベに正しく取り付けないとガスが漏れて事故につながる(実際の事故品とは別のもの)

NITEによると、2016年度までの5年間に、カセットボンベを使った製品事故が136件発生し、1人が死亡、5人が重傷を負った。製品別では一般家庭に広く普及しているカセットコンロによる事故が84件と最も多く、事故全体の64%を占めた。そのほか、料理に焦げ目をつけるガストーチの事故が32件、カセットボンベを燃料とする専用のガスストーブの事故が12件起きていた。

近年、増加が目立つのがガストーチの事故。カセットボンベに装着して使用するが、調理中や点火時、炭火おこしの際に事故が起きていた。クッキングバーナーなどの名称でホームセンターなどで3000円程度で購入でき、利用者が増えているもよう。NITE製品安全センターの穴井美穂子リスク広報課長は「32件の事故はいずれも一般家庭用の製品によるもの。ガストーチの事故を集計し、公表したのは今回が初めてとなる」と説明した。

長野県で16年9月、ガストーチのボンベを固定する部品が破損していた上、装着位置を間違えたため、漏れたガスに引火し、20代の男性が手にやけどを負う事故が発生。使用時に製品を傷つけたためガスが漏れ、60代の男性が重傷となる事例も報告された。

カセットボンベの中身は液化石油ガスで、L字のパイプを通して気化したガスのみを取り出す構造。ボンベを過熱すると内部で気化したガスが膨張し、缶が破裂する恐れがある。また、機器に正しく装着しないとすき間からガスが漏れたり、液体のまま大量に噴出したりする。

ガストーチはキッチンで使用することが多い。ボンベに正しく装着し、火の近くに置かないことが重要。炎の吹き出し部分は金属製で、使用後もやけどに注意が必要だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. 東京都食品安全情報評価委員会
    代表的な熟成肉として人気のある「ドライエイジングビーフ」の喫食部分から食中毒菌を検出したとして、東京…
  2. ixs処分を発表する消費者庁
    消費者庁は2月20日、学生を中心に「FGN」と称するビジネススクールの役務提供を連鎖販売取引で展開し…
  3. アルミ缶回収協力者表彰
    アルミ缶リサイクル協会(富永泰夫理事長)は2月16日、東京都内で2017年度アルミ缶回収協力者合同表…
  4. 消費者庁
    消費者安全調査委員会(消費者事故調)は2月19日、死亡事故などの重大事故が毎年発生している「除雪機」…
  5. 消費者庁
    悪質な在宅ワーク勧誘に対し2月19日、消費者庁が2社への注意を喚起した。「Social Net」(ソ…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る