ACAP新年度事業 CXイノベーション主体的に 齊木茂人さん🔒

ACAP(消費者関連専門家会議)新専務理事・齊木茂人さん
◎「消費者応対品質」向上目指す

「これまでは一企業を通してお客様と接してきました。その経験を踏まえ、これからは、より幅広い視点で、社会の課題をまっすぐに見据え、より考え、公益社団法人としての社会的責任を果たしていく、そのような気持ちでACAP専務理事の任を受け止めました」

5月12日に開かれたACAP(消費者関連専門家会議)の定時総会。任期満了5年を務めた坂倉忠夫さんの後を引き継ぎ、専務理事に選任された齊木さん。消費生活が劇的に変化する中、重責を担うことになった。出身企業の日本ハムは2002年、輸入食肉偽装などの不祥事が発覚、消費者から信頼を失う中で、全社員が旧来の企業風土の刷新を唱え、明確な消費者志向経営推進へと舵を切った。齊木さんも再出発の渦中で奮闘した経験を持つ。

ACAP新専務理事齊木茂人さん

「消費者対応部門での長い経験は、企業にとって最も核心的な取組とは何か、と日々考える期間でもありました。実感したのは、消費者相談、消費者対応部門の重要性です。消費者と接する相談部門の地位向上、価値向上は、そこで働くメンバーのモチベーション向上につながり、企業の発展を促す。そのために何ができるか、何よりも消費者応対品質の向上こそ核心だと考えました」

消費者の声をきちんと聞くこと、話し方、聞き方をはじめ消費者とのコミュニケーションを重視する、このような「消費者応対品質」の向上なくして企業は何事も成し得ない、その思いが、齊木さんの行動指針に位置付けられた。

「結局、消費者志向の実践はお客様のため……(以下続く)

(本紙6月1日号「消費者問題はいま―提言」欄より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン
📌ファクティバ

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. PFASワーキンググループ
    食品安全委員会のPFASワーキンググループは4月26日、第8回会合を開き、「PFAS(有機フッ素化合c
  2. 米国の保険関連非営利組織「国家保険犯罪局」(NICB)は5月9日、盗難車に関する2023年報告書をまc
  3. 伝統的易学業界
    国民生活センターも参加、トラブル事例を解説 伝統的な易学の研究・普及に取り組んでいる占い関連団体がc
  4. 消費者庁デジタル班
    詐欺的定期商法など排除へ 事業者への注意喚起通知1600件 インターネット通信販売に関するトラブルc
  5. U.S. PIRG
    プラスチック製品に欠かせない原材料「プラスチックペレット」の環境への放出を禁止する法案が米下院で支持c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る