【米国】四輪バギーの子ども死亡事故相次ぐ 緊急対策求める声

米国消費者製品安全委員会(CPSC)はオフハイウェイ車の事故に関する最新リポートを発表し、子どもの死亡事例が相次いでいると警告した。安全装備の着用や年齢に応じた車両の使用などを呼びかけている。これを受け、消費者団体のアメリカ消費者連合(CFA)は「さらなる安全対策を緊急に行う必要がある」とする声明を出した。

CPSCによると、バイクを除くオフハイウェイ車に関連した救急搬送事例が2021年に10万6600件あり、そのうちの29%が16歳未満の子どもだった。

また、2017年~2019年の3年間に、オフハイウェイ車の事故で2178人が死亡。そのうち約70%が全地形対応車(ATV、四輪バギーやクアッドとも呼ばれる)に関連していたほか、16歳未満の子どもの死者数が283人にのぼった。

CFAは他団体と連携してオフハイウェイ車の事故防止運動を展開しており、ニュース報道などを参考に死亡者数をリアルタイムで集計している。今年のオフハイウェイ車事故の死者数は5月時点で126人にのぼり、多くがATVとUTVに集中。16歳未満の子どもの死者数は23人だった。

CPSCは「オフハイウェイ車は横転や衝突のほか、ドライバーが車体から投げ出される危険性がある」と警告。子ども用製品も販売されているATVについて、▽資格を持つインストラクターの指導を受けてから運転する▽許可を得ている場合を除いて、公道では乗らない▽16歳未満は年齢に応じた製品のみを運転し、成人用の製品は運転しない▽常にヘルメット、保護メガネ、ブーツ、手袋、長袖長ズボンなどを着用し、体を保護する――などの安全対策を呼びかけた。

一方、CFAは「公表された事故データは、CPSC、メーカー、小売店などの関係者が死亡・重大事故防止のさらなる取り組みを緊急的に行う必要があることを示している」と指摘。「最も弱い立場にある子どもたちを守るために、できうる限りのことを行うことが不可欠だ」と求めた。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県内の相談窓口に寄せられた2023年度の消費生活相談件数は前年度比4.4%減の4万6908件だっc
  2. 日本生協連
    ◎エシカル消費対応商品は9%増と伸長 日本生活協同組合連合会がまとめた全国117主要地域生協の20c
  3. 東レインターナショナル片岡社長
    東レ100%出資のメーカー商社、東レインターナショナルは6月13日、グループ初となるアップサイクル事c
  4. 消費者庁
    ◎消費者庁、景品表示法に基づく法的措置概要を公表 消費者庁が公表した景品表示法に基づく法的措置概要c
  5. みそ汁・スープのやけどに注意
    6月11日に閣議決定された水産白書によると、2022年度における魚介類の1人1年当たりの消費量は22c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る