油断や慣れに注意! 自転車の製品事故、3割強が重傷事例

傘を巻き込んで転倒したり、回転部で指を切断したりするなど、自転車による製品事故が相次いでいるとしてNITE(製品評価技術基盤機構)は5月24日、注意を呼びかけた。事故の3割強が重傷事例で「油断や慣れが大きな事故につながる」と警告、使用前の点検や正しい使い方で事故を防いでほしいとした。

荷物はかごへ!ハンドルにぶら下げた買い物袋が前輪に巻き込まれる状況。バランスを崩して転倒し大変危険(NITEの再現実験より)

NITEによると、2016年度までの5年間に348件の事故が発生。そのうち124件(35.6%)が重傷を負った事例だった。

年代別では、10代の事故が74件(うち重傷が31件)と最多。21件は前輪がロックする事故で、傘やかばんを巻き込むなどして転倒し、12件の重傷事故が起きていた。そのほか、チェーンやフレーム、ブレーキの破損・不具合による事故も目立った。

一方、0~9歳の子どもの事故は28件(うち重傷が7件)だった。21件が保護者が運転していた事例。幼児座席が落下するリコール対象製品による事故のほか、幼児座席の足乗せ部分が破損し、子どもが車輪に足を巻き込まれてけがを負う事故や、チェーンとギアの間の回転部に男児が手を入れてしまい、指を切断する事故などが起きていた。

また、16年度に報告のあった47件の事故のうち23件が電動アシスト自転車によるもの。充電中のバッテリー発火事故などが報告され、NITEは「今後の事故動向を注視していく」と警戒を強めた。

NITEは「自転車は手軽で便利な乗り物だが、誤った使い方は大きな事故につながる。乗車前の点検や購入してからの1カ月での初期点検など、自転車の状況を常に確認し、使い方に注意して事故を未然に防いでほしい」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は11月14日、長年にわたりFTCの詐欺対策を支援してきたとして、米郵政公...
  2. あはき柔整広告ガイドライン検討会
    国家資格が必要なあん摩マッサージ指圧・鍼灸・柔道整復(接骨)の施術院で不正な広告が横行している問題で...
  3. 震災関連
    消費者庁・伊藤明子長官は11月13日定例記者会見で、台風15号や19号などの災害発生後の生活再建期に...
  4. 除雪機注意喚起
    消費者庁は11月15日、死亡事故などの重大事故が毎年発生している「歩行型ロータリ除雪機」について、デ...
  5. アメリカ消費者連合
    消費者ローンの上限金利を36%に制限する「退役軍人及び消費者公正信用法」(the Veterans ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る