「かんたん選択ビジネス」の情報商材商法に注意を 消費者庁🔓

消費者庁は9月11日、「画像選択がベースの簡単な作業でお金を稼げる」と謳って消費者に多額の金銭を支払せていた「株式会社Ferix」(東京都新宿区)に対し、消費者の利益を不当に害する恐れがある行為をしている事業者、として消費者に注意を喚起した。

Ferix

消費者庁に悪質性を指摘されたウェブサイト上での勧誘表現(11日、消費者庁にて)

同社は「写真を選ぶだけで収入UP」などとと宣伝し、申し込んできた消費者に高額な動画生成管理システムや電話サポートなどの高額サービスを販売していた。同社は9月11日現在、「代表者が不在」「今日は帰らない」「スケジュールはわからない」とし、コメントを避けている。

消費者庁によると、FerixはSNSなどの広告に「かんたん選択ビジネス」などと掲載、消費者をウェブサイトに誘導して、高額な画像生成管理システムの情報商材などを販売していた。 ウェブサイトには「画像選択がベースの簡単な作業なので機械操作が苦手でも稼げる」「たった数秒間の作業でも10万円20万円100万円と現実的に稼ぐことが可能」「今なら5万円誰でも受け取ってもらえます」などと記載、消費者にメールアドレスを登録させる。そのウェブサイトに10万円の利益を得たとする女性の体験動画を添付していた。

同社は本件ビジネスの反響が大きいことをアピールし…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 郵便ポスト
    企業の消費者担当部門の担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、村井正素理事長...
  2. ホワイトハウス
    米環境保護局(EPA)は7月17日、大気汚染に関する年次報告書をまとめ、大気汚染防止法が制定された1...
  3. コイン
    「利用料金が未納」などのメッセージをSMSで送り付け、電話をかけてきた消費者にニセの消費生活センター...
  4. 国民生活センター
    国民生活センターはインターネットを活用した消費者からの情報収集ツールとしてホームページ上に設置してい...
  5. 家電製品PLセンター
    家電製品事故をめぐる裁判外紛争解決手続機関「家電製品PLセンター」(丸子哲也センター長)がまとめた2...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る