アルミ缶リサイクル率92.5%、3年連続目標達成

アルミ缶リサイクル協会(理事長・富永泰夫ユニバーサル製缶相談役)は6月22日、2017年度の飲料用アルミ缶リサイクル率が92.5%だったと発表した。子供会など地域団体による集団回収や店頭回収が堅調に推移し、目標の「90%以上」を3年連続達成した。

アルミ缶リサイクル協会

2017年度リサイクル率を報告するアルミ缶リサイクル協会の富永泰夫理事長(中央)。右が田代泰副理事長、左が末永裕一企画委員長(22日、東京都内にて)

一方、国内で消費されたアルミ缶の約2割が海外へと輸出されたことがわかり、富永理事長は「資源の国内循環の観点から憂慮すべき事態だ」とコメントした。

17年度のアルミ缶消費重量は前年比約1.6%減の33万5573トン。そのうち31万403トンが再利用され、リサイクル率は前年比0.1ポイント増の92.5%と4年連続で上昇した。

缶の軽量化も進み、1缶当たりの平均重量は前年比0.04グラム削減の16.12グラム。2004年に対しての軽量化率はこれで5.3%となり、前年比0.2%の軽量化を達成。目標の「20年までに5.5%」が近づいた。

一方、使用済みアルミ缶の海外流出が年々増加していることが判明。韓国に進出した世界大手ノベリスが日本からの調達を進めている模様で、17年度は前年比0.4トン増の6.7万トンが韓国を中心に輸出された。国内消費量の約2割が海外に流出している事態となり、富永理事長は「国内で消費されたアルミ缶は、国内で様々な用途に再利用される姿が好ましい。関係省庁などとも対応を協議していきたい」と語り、協会として集団回収活動への支援を続けるとともに海外流出の動向を注視していく考えを示した。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 鍋の取っ手は内側に
    米消費者情報誌コンシューマーリポートが、台所での火事ややけどの事故を防ぐポイントを伝授。その6か条と...
  2. インターネット
    インターネット接続の契約終了時、常に業者やプランを変更している人は5人に1人にとどまることが、英国の...
  3. 米運輸省の道路交通安全局(NHTSA)が1979年に開始した自動車アセスメントプログラムが今年で40...
  4. ペットボトル協働回収
    全国清涼飲料連合会(全清飲)は11月の1カ月間、自販機横に設置している「空容器リサイクルボックス」の...
  5. 地方消費者行政調査結果
    消費者庁は10月17日、「令和元年度地方消費者行政の現況」についての調査結果を発表。地方の消費者行政...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る