10年後の未来をデザイン 日本ヒーブ協議会40周年記念シンポ

一般社団法人「日本ヒーブ協議会」は発足40周年を記念し9月7日、都内でシンポジウムを開催した。生活者と企業のこれからを描くと題した「Design the Future」を発行した。ヒーブの歴史を踏まえ、ヒーブを活動を振り返りながらヒーブのめざす社会をデザインしたもので、具体的な取り組み指針も提起している。

ヒーブ協議会40周年

日本ヒーブ協議会は設立40周年記念シンポジウムを開催した(7日、東京都千代田区丸の内にて)

記念シンポジウムには消費者・企業・行政のこれからをテーマとして安宅和人氏(慶應義塾大学環境情報学部教授・ヤフーCSO(チーフストラテジーオフィサー)、住田孝之氏(内閣府知的財産戦略推進事務局長)が参加、宮木由貴子氏(前ヒーブ協議会代表理事、第一生命研究所主席研究員)をモデレーターとしてそれぞれ考えを表明した。

40周年を契機に編纂・発行されたヒーブの「Design the Future」は、「生活者と企業とのパイプ役」としてのヒーブの特徴を「強み」として提示。生活者・企業人双方の立場に生活者視点からアプロ―チし、行政施策との関わりも踏まえて10年後の未来を描いた内容。

売り手と買い手の視点を併せ持つことで「ワーク・ライフ・エナジー」を生み出し、働く女性と企業、及び働く女性と暮らしという連携の中で「ワーク・ライフ・シナジー」を強化、ともに新しい価値を提示していくことを確認。生活者視点を基本に経営視点を加味したヒーブ活動の視点を重視し、生活者、企業、行政の関連性を創造した内容だ。このような未来を描くアプロ―チにもヒーブの特徴が反映されている。

(詳細はニッポン消費者新聞10月1日号で)

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ジャンプ式折りたたみ傘
    国民生活センターは9月12日、ジャンプ式折りたたみ傘による危害・危険情報が、同センターが11年前に注...
  2. パブリック・シチズン
    米国の非営利団体パブリック・シチズンのホームページが教育省のWiFiと職員専用ネットワークで閲覧でき...
  3. 製造元不明のガストーチバーナ
    メーカー名の記載がない安価なガストーチバーナによる火災が相次いでいるとして、東京消防庁が注意を呼びか...
  4. 消費者庁かわら版
    消費者庁は9月12日、最近の消費者被害事例の動向を踏まえ防止対応などを盛り込んだ「消費者行政かわら版...
  5. 国民生活センター
    国民生活センターは9月12日、過去10年間で60歳以上の消費者からの相談件数が43万件となり、初めて...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る