依存症はいのちの問題 ネットゲームにも警戒を 今成知美さん🔓

特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)代表・今成知美さん

「依存症は、実は消費者問題でもあります。アルコールにしろ、タバコにしろ、パチンコにしろ、カジノにしろ、オンラインゲームにしろ、巨大な産業構造があります。国もそこから税収を得ている。企業や国が利益優先に走るとどうなるか。過剰なマーケティングが行なわれ、手軽に入手できるようになり……結果として依存行為を促すことになります。一定の歯止めをかけること、消費者にきちんとリスクを知らせることが必要です」

今成知美さんインタビューアルコールや薬物に加え、ギャンブル、ネット、ゲームへと、裾野の広がった依存症問題。今成さんは「その拡大の可能性に警戒すべきだ」と強調する。依存症問題に取り組んで三十五年。重みのある言葉だ。

「依存症はいのちの問題です。アルコールは健康問題や事故に直結する。ギャンブルでは自殺が多い。そして、依存症は家族を巻き込んで進行し、次世代に引き継がれる。たとえば親がパチンコ依存で借金を重ねた場合、子どもは貧困と夫婦喧嘩の中で育つのです」

ギャンブル依存症は八割がパチンコ依存。多くが多重債務問題を抱える。家族が公的機関に相談しても「借金問題」として対応されがちだ。専門治療機関も地域連携も…(以下続く)

(本紙9月1日号「消費者問題はいま―提言2018」より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 味の素は7月7日、今年発売50周年を迎える「ほんだし」をリニューアルすると発表した。具だくさんみそ汁...
  2. 今後5年間の消費者政策の重要施策がまとまった。153施策が提示され、それぞれ取組予定と重要業績評価指...
  3. 次亜塩素酸化学工業会
    感染症対策として空間噴霧による次亜塩素酸水の活用を目指し、消毒薬剤メーカーなど12社が一般社団法人次...
  4. 新栄養成分ラベル
    米国の栄養成分表示が約20年ぶりに大幅に改正され、今年に入って大手企業を対象に一部施行されたことを受...
  5. 消費者庁徳島オフィス
    ■恒常的機関との位置づけ 国際消費者政策研究センターも設置 消費者庁は7月30日、徳島市に「新未来...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る