介護事故で年間1500人死亡 遅れる事故情報の一元化🔓

厚生労働省「介護給付費分科会」の「介護報酬改定検証・研究委員会」による調査で、介護施設での死亡事故件数が2017年度だけで少なくとも1547件発生していることがわかった。この調査は介護施設の安全管理体制の実態を調べるもので、介護施設から市区町村への事故報告件数や報告方法についても検証した。

介護事故で1500人死亡

ニッポン消費者新聞4月1日号12面。介護現場での事故情報の取り扱いについて取り上げた

調査の対象は特別養護老人ホーム(特養)と介護老人保健施設(老健)。特養では事故発生防止の「指針」を見直していない施設が2割あり、介護事故防止に向けた入所者ごとのリスク評価をしている施設も5割に過ぎなかった。老健でもリスクマネージャーが配置されている施設は2割、事故発生防止の指針を見直していない施設が1割あった。いずれもISO(国際標準化機構)などのマネジメントシステム導入は4%から6%でしかなかった。

死亡事故の原因は調査されていないが1年で1500人以上が死亡する事故の発生について、当該事故を「分析している」「改善策を検討している」と答えた老健は8割に過ぎなかった。事故情報の一元化は消費者庁発足の契機だが、事故の再発防止へとつながるはずの「一元化」の課題がまた明らかになった。

厚生労働省によると、この調査は…(以下続く)

(本紙ニッポン消費者新聞4月1日号より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 人や社会、環境に配慮した商品を積極的に購入する「エシカル消費」を学んでもらおうと、静岡県は「めざせ!...
  2. 高カカオチョコレート
    ポリフェノールを多く含むとうたう高カカオチョコレートについて、北海道消費者協会が含有量テストを実施し...
  3. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は8月16日、ボタン電池の事故防止策を検討する「ボタン電...
  4. くらしフェスタ東京
    東京都と消費者団体の協働事業「東京都消費者月間」(愛称・くらしフェスタ東京、主催・東京都消費者月間実...
  5. シナモンロールパンケーキ
    米国の非営利団体「公益科学センター」(CSPI)はこのほど、最も不健康な外食メニューに贈る「エクスト...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る