介護事故で年間1500人死亡 遅れる事故情報の一元化🔓

厚生労働省「介護給付費分科会」の「介護報酬改定検証・研究委員会」による調査で、介護施設での死亡事故件数が2017年度だけで少なくとも1547件発生していることがわかった。この調査は介護施設の安全管理体制の実態を調べるもので、介護施設から市区町村への事故報告件数や報告方法についても検証した。

介護事故で1500人死亡

ニッポン消費者新聞4月1日号12面。介護現場での事故情報の取り扱いについて取り上げた

調査の対象は特別養護老人ホーム(特養)と介護老人保健施設(老健)。特養では事故発生防止の「指針」を見直していない施設が2割あり、介護事故防止に向けた入所者ごとのリスク評価をしている施設も5割に過ぎなかった。老健でもリスクマネージャーが配置されている施設は2割、事故発生防止の指針を見直していない施設が1割あった。いずれもISO(国際標準化機構)などのマネジメントシステム導入は4%から6%でしかなかった。

死亡事故の原因は調査されていないが1年で1500人以上が死亡する事故の発生について、当該事故を「分析している」「改善策を検討している」と答えた老健は8割に過ぎなかった。事故情報の一元化は消費者庁発足の契機だが、事故の再発防止へとつながるはずの「一元化」の課題がまた明らかになった。

厚生労働省によると、この調査は…(以下続く)

(本紙ニッポン消費者新聞4月1日号より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は11月14日、長年にわたりFTCの詐欺対策を支援してきたとして、米郵政公...
  2. あはき柔整広告ガイドライン検討会
    国家資格が必要なあん摩マッサージ指圧・鍼灸・柔道整復(接骨)の施術院で不正な広告が横行している問題で...
  3. 震災関連
    消費者庁・伊藤明子長官は11月13日定例記者会見で、台風15号や19号などの災害発生後の生活再建期に...
  4. 除雪機注意喚起
    消費者庁は11月15日、死亡事故などの重大事故が毎年発生している「歩行型ロータリ除雪機」について、デ...
  5. アメリカ消費者連合
    消費者ローンの上限金利を36%に制限する「退役軍人及び消費者公正信用法」(the Veterans ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る