苦情相談13%増、トラブル当事者の高齢化顕著に 兵庫県

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

兵庫県立消費生活総合センターがまとめた2018年度の県内消費生活相談状況によると、苦情相談が前年度比13.2%増の4万2812件と大きく増加した。契約者の平均年齢は2年連続で上昇したこともわかり、「トラブル当事者の高齢化がますます進んでいる」と分析した。

同センターによると、契約当事者が60歳以上だった事例が全体の4割(43.3%)を占めたほか、平均年齢も16年度の53.9歳から17年度54.9歳、18年度56.4歳と2年連続で上昇し、消費者トラブルの高齢化が浮き彫りになる結果となった。

■架空請求・健康食品・化粧品・水回り修理・電気契約が増加

一方、全苦情相談のうち増加が目立った事例は「ハガキによる架空請求」。17年度の504件に対し、18年度は4228件と8.4倍に急増した。「偽の警告表示でソフトウェア購入に誘導された」という事例も1779件寄せられ、1.5倍に増えていた。

そのほか「通信販売の健康食品・化粧品」の相談が引き続き増加し、依然としてお試し商法(お試しのつもりが定期購入だった)によるトラブルが相次いでいた。トイレや浴室などの「水回り修理」でのトラブルは3年連続の増加。「トイレが詰まり修理業者を呼んだところ、簡単には直らないとのことで、次々と勧められるがまま各種作業の実施を承諾。最終的に高額な料金を請求された」などの事例が寄せられ、特に60歳代以上の年代で高額料金を請求される事例が目立った。

「電気」に関する苦情も約8割(346件から621件)増え、「電気料金が安くなるなどと電話で勧誘され、契約している小売電気事業者とは別の事業者だと気づかず契約してしまった」といったケースが多かったという。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. コンシューマーリポート
    米大手ブランドの離乳食から高レベルの重金属が検出された問題で、23州の司法長官が連名で10月21日、c
  2. 国民生活センター
    国民生活センターは10月21日、「消費者トラブルメール箱」(消費者トラ箱)に2020年度約1万2千件c
  3. 消費者庁
    消費者庁は10月20日、22団体目となる適格消費者団体と、4団体目にあたる特定適格消費者団体を認定しc
  4. 豪州消費者団体Choice
    オーストラリアで植物由来の代替食品が台頭している。代替肉にとどまらず、ラザニア、ヨーグルト、コンデンc
  5. 自動車用タイヤの空気圧を監視する「TPMS」(タイヤ空気圧監視システム)。米国では2009年9月からc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る