苦情相談13%増、トラブル当事者の高齢化顕著に 兵庫県

兵庫県立消費生活総合センターがまとめた2018年度の県内消費生活相談状況によると、苦情相談が前年度比13.2%増の4万2812件と大きく増加した。契約者の平均年齢は2年連続で上昇したこともわかり、「トラブル当事者の高齢化がますます進んでいる」と分析した。

同センターによると、契約当事者が60歳以上だった事例が全体の4割(43.3%)を占めたほか、平均年齢も16年度の53.9歳から17年度54.9歳、18年度56.4歳と2年連続で上昇し、消費者トラブルの高齢化が浮き彫りになる結果となった。

■架空請求・健康食品・化粧品・水回り修理・電気契約が増加

一方、全苦情相談のうち増加が目立った事例は「ハガキによる架空請求」。17年度の504件に対し、18年度は4228件と8.4倍に急増した。「偽の警告表示でソフトウェア購入に誘導された」という事例も1779件寄せられ、1.5倍に増えていた。

そのほか「通信販売の健康食品・化粧品」の相談が引き続き増加し、依然としてお試し商法(お試しのつもりが定期購入だった)によるトラブルが相次いでいた。トイレや浴室などの「水回り修理」でのトラブルは3年連続の増加。「トイレが詰まり修理業者を呼んだところ、簡単には直らないとのことで、次々と勧められるがまま各種作業の実施を承諾。最終的に高額な料金を請求された」などの事例が寄せられ、特に60歳代以上の年代で高額料金を請求される事例が目立った。

「電気」に関する苦情も約8割(346件から621件)増え、「電気料金が安くなるなどと電話で勧誘され、契約している小売電気事業者とは別の事業者だと気づかず契約してしまった」といったケースが多かったという。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    英国全土でロックダウン(都市封鎖)の措置が続く中、消費者団体のWhich?は自宅にこもる消費者に向け...
  2. フランス消費者同盟
    フランスで3月17日に発令された外出制限措置(いわゆるロックダウン)により、仏国内のプリンター価格が...
  3. エシカル通信簿結果発表会
    消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(京都市)は3月17日、毎年恒例となった第4回「企業の...
  4. 国民生活センター
    国民生活センターは、今後の地方消費者行政推進の核となる「消費者安全確保地域協議会」(見守りネットワー...
  5. 第4期消費者基本計画
    新型コロナウイルス感染問題が消費生活に重大な脅威を及ぼす中、3月27日、消費者庁は2020年度から2...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 英国の消費者団体Which?

    2020-4-3

    【英国】自宅待機中はアレクサ活用を 子どもの遊び相手にも

    英国全土でロックダウン(都市封鎖)の措置が続く中、消費者団体のWhich?は自宅にこもる消費者に向け...
  2. フランス消費者同盟

    2020-4-3

    【欧州】プリンター、外出制限後に価格上昇 許可書の印字で

    フランスで3月17日に発令された外出制限措置(いわゆるロックダウン)により、仏国内のプリンター価格が...
  3. オーストラリア競争・消費者委員会

    2020-4-2

    【豪州】在宅勤務や遠隔医療で回線ひっ迫懸念 通信業界が連携

    新型コロナウイルス対策として在宅勤務や在宅教育、遠隔医療が広がる中、急増する通信トラフィックに対応す...
  4. 野菜サラダ

    2020-4-1

    FAO、今まで以上に健康的な食習慣を 野菜の摂取など5項目

    新型コロナウイルスへの対抗手段の一つとして、FAO(国際連合食糧農業機関)は3月28日、ツイッターで...
  5. 国際消費者機構(CI)

    2020-3-30

    CI、医療・食品・正確な情報へのアクセス確保を要求

    新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、消費者団体の世界的組織「国際消費者機構」(CI、本部・ロン...
ページ上部へ戻る