高齢者事故、5年で36万人超が救急搬送 「ころぶ」が8割

  • ̂BbEgbV͂Fubb}[bH?X?@

日常生活の中で起きた高齢者の事故により、2018年までの5年間に36万人以上が救急搬送されたことが東京消防庁の調べでわかった。転倒してけがをする事故が全体の約8割を占め、昨年は5万8000人以上が「ころぶ」事故で救急搬送された。高齢になるほど転倒がけがにつながっていることもわかり、同庁は「身体機能の変化について知り、事前の事故防止対策をしてほしい」と呼びかけている。

同庁管内の救急搬送データから65歳以上の事故(交通事故をのぞく)を抽出し、分析した。その結果、14年~18年までの5年間に36万5183人が救急搬送され、その数は年々増加。18年は14年比24%増の8万1952人となった。全体の4割が入院の必要がある中等症以上と診断され、2300人(0.6%)が死亡するなどした。

状況別では81.7%が「ころぶ」事故。以下、「落ちる」10.7%、「ものがつまる」2.6%、「ぶつかる」2.0%、「おぼれる」0.9%などの順。年齢ごとの人口との比較では、年齢が高くなるにつれ救急搬送される人の割合が増加していることもわかった。

昨年、5万8368人が救急搬送された「ころぶ」事故では、年齢が高くなるほど搬送される割合も増え、高齢なほどけがにつながっていた。主な事故事例は「自宅の玄関先で段差につまずいて転倒し、頭部を受傷した」(80代・重症)、「自宅の廊下で滑って転倒し、腰部をぶつけて動けなくなった 」(90代・中等症)など。

一方、「落ちる」事故では全体の5割が階段で発生。以下、ベッド、椅子、脚立や踏み台、エスカレーターの順。「ものがつまる」事故は重症度の高い事例が多く、5割以上が入院を要する中等症以上と診断された。発生原因は上位から順に「おかゆ類」「肉」「包み・袋」「ご飯」「ご飯薬剤等」となった。「老人ホームの食堂で夕食を食べていたところ、おはぎを喉に詰まらせて呼吸困難となった」(90代・中等症)、「水で薬を服用する際、誤って薬の包装シートごと飲んでしまった」(70代・軽症)などの事故が起きた。

東京消防庁は転倒防止対策として▽立ち上がる時は近くにものにしっかりとつかまる▽着替えるときは腰かけて行う▽敷居につまずかないよう体力を強化し、つま先を上げてすり足を改善する――などのポイントをあげ、「事故の実態や傾向を知り、本人・家族・地域でそれぞれができる事故防止対策を実施してほしい」と呼びかけている。

  • ̂BbEgbV͂Fubb}[bH?X?@

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. セーフティグッズフェア
    子どもの安全に配慮した商品を親子で体験できる「セーフティグッズフェア」が1月25日、東京・北千住で開...
  2. 食の安全と安心を科学する会シンポジウム
    今年3月末で加工食品の食品表示基準の基本項目に関する猶予期間が終わり、4月1日から栄養成分表示やアレ...
  3. 消費者庁
    消費者庁は消費者志向経営の実施取組を自主宣言し、それに基づき展開された活動の中で優れた事例を表彰する...
  4. 電話相談
    特定適格消費者団体の埼玉消費者被害をなくす会(さいたま市)は1月28日に無料の電話相談「消費者契約ト...
  5. コンシューマーリポート
    1世紀以上も前に、ワイヤーを使わない送電技術の実験に挑んだ発明家二コラ・テスラ――。財産をつぎ込んで...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る