【豪州】SNS映えするベビーベッド画像、まねしないで

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ベビーベッドの周囲をスタイリッシュに飾ったSNSの投稿画像の一部に安全上の問題があるなどとして、豪州の消費者団体CHOICE(チョイス)がまねをしないよう注意を呼びかけている。ベビーベッド近くの壁に大きな鏡を掛けたり、窓やカーテンの近くにベッドを置いたりする事例などを紹介し、「SNSの人気インフルエンサーの子ども部屋は美しく見えるかもしれないが、乳幼児にとって安全ではない家具や配置方法が多く見受けられる」と指摘している。

同団体によると、多くのフォロワーを抱えるインフルエンサーがベビーベッド周りをスタイリッシュに飾り、赤ちゃんとポーズを取る画像が投稿されている。しかし、安全性よりもデザイン性に重点が置かれた構図となっており、これを見た保護者がまねをする危険性があるという。

危険な装飾方法の一つが、ベビーベッド近くの壁に鏡や額縁などを飾ること。ベビーベッドの中で子どもが立ち上り、手を伸ばして引っ張る可能性がある。また、転倒のおそれがある家具を近くに置くのも危険。置きたい場合は壁にしっかりと固定する必要がある。

おしゃれなカーテンを吊った窓の近くにベビーベッドを置くと転落したり、ひもが首に巻き付いたりするおそれがある。天蓋(天井から布をつるしてベッドを囲う飾り)やベッドの柵に吊るした花輪も不要。寝床にカラフルな枕を置くとおしゃれだが、窒息の危険性があるほか、足場にして転落するおそれがある。

Victorian Injury Surveillance Unit(VISU、ビクトリア州傷害監視部)のまとめによると、この5年間に年平均708人の子ども(5歳未満)が家具でけがをして医療機関を受診した。小児科医のルース・バーカー博士は「子どもの予期できない行動と成長の早さは両親の想定を超える。発達段階に応じた安全対策をとることが重要だ」と指摘。CHOICEも「SNSのおしゃれな寝床の画像はデザインの参考になるが、あくまでSNS映えを優先したものだと覚えていてほしい」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県は3月4日、今後の県消費生活行政の指針となる「ひょうご消費生活プラン」案のパブリック・コメントc
  2. コンシューマーリポート
    大手メーカーの離乳食の一部にヒ素や鉛などの有害重金属が高レベルに含まれていたことが米下院小委員会の調c
  3. 主婦連合会
    全国消費者団体連絡会(全国消団連)と全国消費者行政ウォッチねっとは、特定商取引法と預託法改正案の閣議c
  4. CCJロマンス詐欺
    コロナ禍によって「出会いの場」が減少する一方、その出会いをオンラインでサポートする「出会い系サイト」c
  5. 国民生活センター
    国民生活センターは3月4日、災害に備えた食品で賞味期限が切れた101食品を対象にしたテスト結果を発表c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る