【豪州】SNS映えするベビーベッド画像、まねしないで

ベビーベッドの周囲をスタイリッシュに飾ったSNSの投稿画像の一部に安全上の問題があるなどとして、豪州の消費者団体CHOICE(チョイス)がまねをしないよう注意を呼びかけている。ベビーベッド近くの壁に大きな鏡を掛けたり、窓やカーテンの近くにベッドを置いたりする事例などを紹介し、「SNSの人気インフルエンサーの子ども部屋は美しく見えるかもしれないが、乳幼児にとって安全ではない家具や配置方法が多く見受けられる」と指摘している。

同団体によると、多くのフォロワーを抱えるインフルエンサーがベビーベッド周りをスタイリッシュに飾り、赤ちゃんとポーズを取る画像が投稿されている。しかし、安全性よりもデザイン性に重点が置かれた構図となっており、これを見た保護者がまねをする危険性があるという。

危険な装飾方法の一つが、ベビーベッド近くの壁に鏡や額縁などを飾ること。ベビーベッドの中で子どもが立ち上り、手を伸ばして引っ張る可能性がある。また、転倒のおそれがある家具を近くに置くのも危険。置きたい場合は壁にしっかりと固定する必要がある。

おしゃれなカーテンを吊った窓の近くにベビーベッドを置くと転落したり、ひもが首に巻き付いたりするおそれがある。天蓋(天井から布をつるしてベッドを囲う飾り)やベッドの柵に吊るした花輪も不要。寝床にカラフルな枕を置くとおしゃれだが、窒息の危険性があるほか、足場にして転落するおそれがある。

Victorian Injury Surveillance Unit(VISU、ビクトリア州傷害監視部)のまとめによると、この5年間に年平均708人の子ども(5歳未満)が家具でけがをして医療機関を受診した。小児科医のルース・バーカー博士は「子どもの予期できない行動と成長の早さは両親の想定を超える。発達段階に応じた安全対策をとることが重要だ」と指摘。CHOICEも「SNSのおしゃれな寝床の画像はデザインの参考になるが、あくまでSNS映えを優先したものだと覚えていてほしい」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 鍋の取っ手は内側に
    米消費者情報誌コンシューマーリポートが、台所での火事ややけどの事故を防ぐポイントを伝授。その6か条と...
  2. インターネット
    インターネット接続の契約終了時、常に業者やプランを変更している人は5人に1人にとどまることが、英国の...
  3. 米運輸省の道路交通安全局(NHTSA)が1979年に開始した自動車アセスメントプログラムが今年で40...
  4. ペットボトル協働回収
    全国清涼飲料連合会(全清飲)は11月の1カ月間、自販機横に設置している「空容器リサイクルボックス」の...
  5. 地方消費者行政調査結果
    消費者庁は10月17日、「令和元年度地方消費者行政の現況」についての調査結果を発表。地方の消費者行政...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る