【米国】市場を牽引するクロスオーバー車 全体の4割占める

この20年間、自動車市場を牽引したのはSUV(多目的スポーツ車)ではなく、正しくはクロスオーバー車だった――。米消費者情報誌コンシューマーリポートは2000年以降の市場動向を検証する記事を掲載し、クロスオーバー車の人気ぶりを伝えた。

クロスオーバー車とはオフロード性能を兼ね備えた多目的スポーツ車の一種。一回り大きな車体がより多くの乗員と収納を提供しつつ、通常の車と遜色のない燃費や運転性能が魅力だという。同誌は自動車専門調査会社Wards Intelligenceの車両クラス別市場シェアデータを示し、クロスオーバー車の市場シェアは2000年の4%未満から2018年のおよそ40%へと拡大したと説明した。

クロスオーバー車は、統計の取り方によって「ライトトラック」に分類されることがあり、「消費者はSUVとピックアップトラックを欲しがっている」と市場動向を見誤るケースがみられた。同誌は「実際に人気を得ていたのはクロスオーバー車だ」とし、2018年のライトトラックの売り上げの大半は小型クロスオーバー車が占め、SUVとピックアップトラックはそれぞれ20%未満だったと解説した。

同誌は人気車種としてトヨタ「RAV4」、ホンダ「CR-V」、日産「ローグ」をあげ、「クロスオーバー車の拡大は、消費者の多くが実用性と優れた燃費性能を兼ね備えた車を望んでいることを示したものだ」と分析している。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. イベント
    国内で「新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA」が導入されるなど、コロナ対策としてIT(情報技術...
  2. ACAP
    公益社団法人ACAP(消費者関連専門家会議、村井正素理事長)は、消費者問題に関する「わたしの提言」の...
  3. 怪しい広告を見抜く目を養ってもらおうと、埼玉県が実施している「大学・高校連携による不当表示広告調査」...
  4. 英国の消費者団体Which?
    米国との自由貿易協定交渉にのぞむ英国で食品安全への懸念が高まっていることを受け、ディスカウントスーパ...
  5. 埼玉消費者被害をなくす会
    経年劣化による火災などを防ぐことを目的とした「長期使用製品安全表示制度」と同「安全表示制度」の認知度...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る