消費者庁・伊藤明子長官 法と証拠に基づき厳格に法執行🔓

新春特別インタビュー 消費者庁・伊藤明子長官

年間100万件台で推移する消費者苦情相談――。どの年代の上位相談も「デジタル社会」を象徴する深刻トラブルで占められている。「消費者庁10周年」の2019年は、「取引」「安全」「表示」の各分野で、10年前には予想もしなかった新たな悪質手口が横行した。「消費者ホットライン188」の周知、「エシカル消費」「食品ロスの削減」「消費者志向経営」などSDGs(国連の持続可能な開発目標)への取組が推進される一方で、通信技術の高度化やグローバル化を背景とする複雑・多様化した消費者被害の発生が目立った。新年を迎えるにあたり、ニッポン消費者新聞は消費者庁・伊藤明子長官にインタビューし、裾野を広げ、専門分化する消費者問題への対応を尋ねた。伊藤長官は、大切なことは「ぜい弱な消費者を支える地域づくり」「だまされない消費者、自分で考える消費者を育成する人づくり」「消費者と事業者との協働づくり」をあげ、今後も悪質業者への厳正な法執行を推進しつつ、消費者、地方公共団体、事業者との連携構築、消費者教育の充実、などの取組を推進していく、と強調した。「着眼大局・着手小局」に立ち、「やるべきこと、やりたいことを、やれるときに」と、施策推進への思いを表明している。

消費者庁・伊藤明子長官

消費者被害防止への取り組みなどを表明する伊藤明子消費者庁長官

■変わる社会、変わる消費者前提に

日々の暮らしの向上へ向け、身近な消費者問題をすくいあげ、改善・解決へと結びつける、そのような消費者行政の役割、取組範囲が年々拡大していることを実感します。高度情報化やグローバル化が進む中で、生活環境は様変わりし、社会の変化とともに人も変化しています。高齢者のみならず、若い消費者にも一人暮らしが常態化し始めました。デジタル社会の進展は、新しいビジネスモデルの登場を促し、一人ひとりの消費生活に大きな影響を与えています。

消費者庁は「食品ロスの削減」や「エシカル消費」「消費者志向経営」の推進などSDGs(国連の持続可能な開発目標)の達成に向けた取組を働きかけています。それに応えていただくように消費者の間でも、社会的価値の変化を感じさせる兆候が垣間見えるようになりました。例えば、商品の購入にあたっては、安さ以上に、環境に負荷を与えない商品の選択に重きを置く傾向がいっそう強まり、不公正な貿易ルールで輸入された商品ではなく、現地の生産者を支援できる有機栽培の商品を選ぼうとする消費行動の必要性も次第に認識されるようになりました。社会の変化と消費者の変化は、消費者政策の企画立案・推進にも大きな影響を与えています。

■悪質事業者は厳正対処、法制度検討も推進

このような社会の流れを踏まえ、消費者庁はそれに対応した施策展開に取り組んでまいります。といっても悪質事業者を処分する法執行は引き続き推進し、また、被害の早急な防止へ向けた注意喚起情報の発信にも力を注ぎます。

悪質事業者の市場からの排除は消費者庁にとって根幹的課題です。年々巧妙化する悪質な手口から消費者を守る施策展開は当庁の役割であり、法と証拠に基づく厳格な法執行を基本に…(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」1月1日新年特集号より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ダイソン偽サイトトップページ
    実在の通信販売サイトをかたった偽サイトなどに対し、消費者庁は10月21日、当該サイト名を公表し、被害...
  2. rice
    消費者庁は10月20日、農産物の検査規格見直しに伴い、玄米、精米の表示制度の見直しも必要になることか...
  3. ダイドー足操作自動販売機
    コロナ禍の公衆衛生意識の高まりを受け、ダイドードリンコが足による操作で購入できる「足操作自動販売機」...
  4. 脚立の誤使用事例
    脚立やはしごで作業中、バランスを崩すなどして転倒・転落する事故が2019年度までの10年間に398件...
  5. 香港消費者委員会
    消費者保護機関の香港消費者委員会は10月15日、市販の乾燥スパイス37点をテストした結果、約2割から...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る