ワコール、無重力でバスト計測 動き抑えるブラジャー着用提案へ

ワコールは1月15日、同社麹町ビル(東京・千代田)で「重力からバストを守ること」をテーマとしたカンファレンスを開き、日本初となる無重力状態でのバスト計測の研究成果を発表した。

研究によると、無重力に近い状態でのバストは自然で丸みを帯びたきれいな形状になることが判明。一方、普段の生活では、加齢に加え、重力による外部刺激によって皮膚のはりの低下が誘発され、バストのかたち変化や下垂の要因になっていることがわかった。同社は「生活シーンに合わせてバストの動きを抑えるブラジャーを着けることが『重力からバストを守ること』につながる」と報告した。

ワコール「重力からバストを守る」カンファレンス

重力からバストを守る重要性を説明するワコール人間科学研究所の坂本晶子主任研究員(右)と国際医療福祉大学三田病院の奥田逸子准教授(15日、ワコール麹町ビルにて)

ワコールは今回、「皮膚」と「重力」に着目した新研究に着手。飛行機で急上昇後に急降下することで約20秒間の無重力状態を作り、被験者3人のバスト計測を行った。こうした実験は日本で初めてという。

その結果、無重力状態でのバストは、底面が上がり、ボリュームが上下左右均等の丸い状態に近づき、皮膚への負担が少ない状態になることがわかった。ワコール人間科学研究所主任研究員の坂本晶子さんは「実験でバストの皮膚を引っ張っているのは重力であることがわかった。重力の影響を減らし、皮膚へのダメージを少なくする工夫が必要だ」と報告。「生活シーンによって起こるダメージに対応できるブラジャーの着用を提案していきたい」と語り、今後、研究領域をトータルボディケアへと拡大していくことを明らかにした。

また、エイジングに詳しい国際医療福祉大学三田病院の奥田逸子准教授は「加齢や重力によって乳房が下垂してくるため、自分に合ったブラジャーを着けることが大事だ」と指摘。「無重力状態を維持するにはブラジャーでバストを包み、きちんと収めること。乳房の仕組みや加齢性変化を理解し、少しでも長く美しいバストを維持する取り組みをおこなってほしい」と呼びかけた。

ワコールは過去55年間で約4万5000人分にも及ぶ計測データを蓄積。同じ女性を30年以上にわたり計測し続けた時系列データなど独自の研究を積み重ね、商品開発などに役立てている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. インターネット
    「届いた商品がイメージと違う」「想像していた大きさと違った」――。 実物を確認できないネットシ...
  2. 風力発電
    石油世界大手の英BPが2030年までに石油・ガス生産量を19年比で40%削減する方針を示したことを受...
  3. スマートフォン
    食品ロス削減に向けた広報活動の一環として、消費者庁は7月22日、ツイッター上で「賞味期限の愛称・通称...
  4. 米消費者情報誌コンシューマーリポート(CR)と道路安全保険協会(IIHS)は7月30日、安全な中古車...
  5. 消費者庁
    「販売預託取引」は原則禁止 過量販売は資料提出対象に 消費者被害を発生させている悪質事業者を「共通...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る