<ミツカン>秋の新商品、人気シリーズに仲間入り 鍋つゆなど

食品を「やがていのちにかわるもの」と位置づけ、新製品開発・普及で食卓に彩りを添えるMizkan(ミツカン、愛知県半田市、吉永智征社長兼CEO)は、8月から順次、家庭用ドライ新商品12品目を全国販売。同社は「買う身になってまごころこめてよい品を」という企業理念のもと、「商品・メニューを通じておいしさと健康の価値を提案する」としている。

ミツカン秋の新商品

◎人気のカンタン酢シリーズに「まろやか和風だし」仲間入り

好調な調味酢市場をけん引するのがミツカンの「カンタン酢」シリーズ。このシリーズに「まろやか和風だし」が加わった。

「カンタン酢まろやか和風だし」は、これ1本でいろいろなお酢メニューが作れる。かつおだし・あごだし・昆布だしの3種の和風だしを使用したまろやか調味酢。風味と旨みが特長で酢の物、浅漬け、お寿司、肉料理など、様々なお酢メニューに活用できる。

◎チーズで仕上げる「〆までおいしい」鍋つゆ

「〆までおいしい」鍋つゆシリーズにもチーズで仕上げる洋風鍋スープ2品が仲間入りした。

「チーズで仕上げるポトフ鍋スープストレート」は、チキンブイヨンをベースに野菜の旨みが溶け込んだコクがあるポトフ鍋スープ。〆はごはんを加えチーズリゾットにして美味しく食することができる。
「ミネトローネ鍋スープストレート」は、トマトをベースに、野菜の旨みが溶け込んだミネトローネ鍋スープ。〆はやはりごはん。トマトリゾットして最適だ。どちらも洋風スープの味わいに加え、とろけるチーズで濃厚に仕上がっている。

◎「こなべっち」シリーズに「濃厚鶏白湯鍋つゆ」

個包装鍋つゆ「こなべっち」シリーズにも新商品が。「濃厚鶏白湯鍋つゆ」だ。白濁するまでじっくり煮込んだ鶏ガラスープをベースに、野菜のスープとコラーゲンを合わせたコクある濃厚な味わいの鍋つゆ。

ストレートタイプの「〆まで美味しい濃厚鶏白湯鍋つゆ」は、ミツカンの鍋つゆの中でも、女性や健康を気にする人の購入構成比上位の商品。個包装タイプの発売でいっそう消費者の選択の幅が広がった。

◎夫婦で楽しむ「ふたりPREMIUM」シリーズなども

ミツカンは増加が予想される夫婦2人世帯に対し、大人2人向けの使い切り鍋つゆ「ふたりPREMIUM」シリーズを新発売。原料の種類や配合にこだわり、スープのおいしさを徹底的に追求した商品群だ。「焙煎ごま豆乳鍋つゆ」「旨辛キムチ鍋つゆ」「鯛だし寄せ鍋つゆ」などがある。

また、さっぱりヘルシーで楽しめるぽん酢ベースの汎用たれ「味ぽんPlusさっぱりたまねぎたれ」「味ぽんPlusさっぱりごまだれ」も新発売。たまねぎ及びごまの自然な旨み、風味のある味わいに仕上がっている。

その他に、豆腐を加えるだけで本格的な麻婆豆腐が作れる「CUPCOOK四川麻婆豆腐」、さっぱり食堂シリーズに「豚のさっぱり角煮の素」「なすとひき肉のさっぱりトマト煮の素」の登場も注目点。食欲の季節。食味を高揚させる商品群だ。

(本紙「ニッポン消費者新聞」10月1日号より転載)

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 豪州消費者団体Choice
    住宅ローンや家賃に関する苦情が増加しているのは銀行が苦境に立たされている人を十分支援していないからだc
  2. 鶏肉
    日本政策金融公庫が実施した畜産物の購入に関する消費者動向調査によると、食肉と牛乳について、およそ6割c
  3. コンシューマーリポート
    4月22日のアースデイを前に、米国の消費者団体コンシューマー・リポートは気候変動が消費者の財布に与えc
  4. 警察庁
    警察庁がまとめた生活経済事犯の検挙状況によると、2023年に全国の警察が摘発した特定商取引等事犯は前c
  5. 電話相談
    埼玉弁護士会と埼玉司法書士会は4月20日(土)と21日(日)に電話相談「敷金(賃貸住宅)トラブル11c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る